あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

森川葵&菅田将暉主演のお宝映画『チョコリエッタ』+風間志織監督が紡ぐ"せかいのおわり"の世界



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」

2021年9月24日より東京アップリンク吉祥寺を皮切りに、高校時代より8ミリフィルムで自主映画活動を開始し、「天才少女の出現」として注目を集めてきた風間志織監督特集が開催されます。

今回は21世紀に入って以降に彼女が発表した3作品が上映されますが、この中でおおっと目に留まったのが『チョコリエッタ』。

2014年に完成し、2015年1月に公開された作品ですが、実はこれ、2021年(即ち今年!)を想定して作られた作品なのです。

そしてさらに、主演が今をときめく森川葵と菅田将暉!

若き日の(といっても7年前ではありますが!?)ふたりの瑞々しくも切ない青春の躍動感をとくと堪能できる、まさにお宝映画としても逸品のおススメ作品なのです!

思春期のほろ苦さを体現
『チョコリエッタ』

『チョコリエッタ』は直木賞作家・大島真寿美の長篇小説を原作に、その時代設定を2011年東日本大震災&原発事故から10年後の2021年として手掛けた作品で、風間志織監督としては初の原作ものとなりました。



主人公は16歳の高校生・知代子(森川葵)。

彼女は幼いときに母(市川実和子)を事故で亡くしています。

生前の母から「チョコリエッタ」と可愛く優しく呼ばれていた知代子は、愛犬のジュリエッタを心の支えに生きていましたが、そのジュリエッタも他界して数か月過ぎました。

家の中に置かれたままの空っぽの犬小屋のように、知代子の心も空虚のまま、その苛立ちを露にするかのように頭を丸刈りにし、進路調査票には「犬になりたい」と記して先生(宮川一郎太)を困らせたりもしています。

そんな夏のある日、知代子が所属する映画研究部の先輩で変わり者の正宗(菅田将暉)の強引な誘いの果てに彼女主演の映画を撮ることになり、まもなくしてふたりはムービー・キャメラ片手に、バイクを駆って撮影の旅に出かけていきます……。



本作は亡くなった母への想いの深さゆえに心を閉ざし、唯一の拠り所でもあった愛犬も死んでしまって孤独を募らせていく少女の心の彷徨を、さまざまな趣向で描き込んでいきます。

中でも特筆すべきはフェデリコ・フェリーニ監督および彼の代表作『道』(54)『カサノバ』(76)などにオマージュを捧げた諸描写(そもそも『道』のヒロインを演じた女優の名前がジュリエッタ・マシーニなのです)を通して、いつしか知代子は『道』さながらの旅を始めていくことにもなるのです。

この伝で論考を進めると、映画研究部の存在にも自主映画からキャリアを始めた風間監督ならではのこだわりが感じられますが、中でも部室の中から発見される古いフィルムの中に収められた、知代子の母の高校時代の映像!(制服姿の市川実和子が可愛い!)

また部員を演じているのが岡山天音と三浦透子という、現在活躍中のふたりという点でも、お宝映画としての要素は倍増していきます。

そして、何といっても主演のふたり!



知代子を演じる森川葵は2010年にモデルとしてデビュー、2012年から俳優としての活動を開始し、その勢いに乗り始めていた時期の本作への主演でした。

いきなり丸刈り頭で登場するのには仰天しますが(でも不思議と似合ってもいる!)、その特異さが彼女の孤独感を自然に醸し出しています。

しゃべりも普段はか細い小声なのが、突然大声で激昂する瞬間もあったりして、台詞の発声のメリハリひとつとっても彼女のキャラクターが巧みに描出されているのです。



一方で正宗を演じる菅田将暉は、2009年の特撮ヒーローTVドラマ「仮面ライダーW」フィリップ役でダブル主演して人気を博し、2013年の青山真治監督の映画『共喰い』で第37回日本アカデミー賞新人賞、2014年の『そこのみにて光輝く』では高崎映画祭最優秀助演男優賞などを受賞し、若手俳優の筆頭として躍り出てきた時期でもありました。

本作の正宗は一見いいかげんな男のようでいて、どこかしら知代子と同じ想いを抱えて生きているようでもあります。

その意味では映画撮影の旅はふたりにとっての想いを共有するものでもあったのかもしれませんが、そうそう簡単に共有出来てなるものかとでもいった確執がしばしば生じていくのも、思春期ならではの焦りと空虚の情緒の顕れでしょう。



ひいてはこの焦りと空虚がそのまま2021年の今を予見しているかのように映えわたっていくとともに、風間監督作品特有の「せかいのおわり」感の中で生き続ける若者たちの想いが切なくも真摯に醸し出されていくのでした。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 風間監督作品から紡がれる“せかいのおわり”の中で

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録