あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<イチオシ女優> 河合優実、3つの魅力!彼女は何者なのか?


(C)2021「サマーフィルムにのって」製作委員会

いまだ、多くの作品でバイプレーヤーに徹しながらも圧倒的なインパクトを残す新人女優がいる。彼女の名前は河合優実


俳優デビューわずか3年という短期間でありながら、名だたるキャストが揃う秀作の数々で抜群の存在感を発揮している新人女優である。

彼女は、いったい、何者なのか?

今回の記事では謎に包まれた彼女の正体を、過去の出演作を参考にしながら、3つのポイントで明らかにしていきたい!

記憶に残る女子高生


彼女の名前を世に知らしめた代表作のひとつが、現在上映中の映画『サマーフィルムにのって』と言えるだろう。

映画作りに励む高校生たちを描いた本作で、河合は仲良し女子高生3人組の1人・ ビート板を快演。

クールな性格ながら、親友にもなかなか言い出せない"密かな思い"を持ったキュートな眼鏡っ子に、多くの観客が親しみを抱いたはず!(以下の本編映像からも、そんな彼女の魅力が確認できる)



また、落ち着いた高校生のイメージとは裏腹に、積極的な役柄を演じられるのも彼女の強みだ。


(C)日本テレビ

平野紫耀が主演を務めた24時間テレビ ドラマスペシャル「生徒が人生をやり直せる学校」では、貧しい家庭に育ちながらも保育士の夢を持つ女子高生・緑川姫希を演じており、なにわ男子(関西ジャニーズJr.)・大西流星の主演ドラマ「夢中さ、きみに。」では謎の同級生・スズキに恋心を抱く荒川役を好演。

『サマーフィルムにのって』とは大きく異なる役柄ながら、あまりにも自然に役へと入り込んだ彼女の演技には同一人物とは思えない頼もしささえ感じられる。



さらに、今年の7月、WEB上で公開されたオリジナル短編ドラマ『みつめ』では、コロナ禍の現代を舞台に就活生・ミツメを演じた。

こちらの作品では、お笑い芸人・オズワルドの伊藤演じる兄・カイの妹として厳しい状況下で奮闘する彼女の姿が印象に残る。

上記の3作品とは異なり、大人への一歩を踏み出す健気な主人公の様子には強く胸を打たれるのだ。

NEXT|次ページ > 2つ目のポイントは「確かな演技力」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録