あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-10-01

オムニバス映画『DIVOC-12』の推しベスト5!横浜流星の美しさにうっとりして、ゾンビと映画への愛に感動した!

(C)2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

(C)2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

2021年10月1日より映画『DIVOC-12(ディボック-トゥエルブ)』が公開されている。

本作は新型コロナウイルス感染症の影響を受けているクリエイター、制作スタッフ、俳優が継続的に創作活動に取り組めることを目的として製作された、12篇のオムニバス映画である。

『新聞記者』(19)の藤井道人監督、『カメラを止めるな!』(18)の上田慎一郎監督、『幼な子われらに生まれ』(17) の三島有紀子監督と、日本映画界を代表する3人の監督たちそれぞれの元に、一般公募より選ばれた新人監督含め9名が集結。その3チームごとに以下のテーマを掲げ、製作が行われていた。

・藤井監督チーム:テーマ「成長への気づき」



・上田監督チーム:テーマ「感触」



・三島監督チーム:テーマ「共有」



タイトルの「DIVOC」は、新型コロナウイルス感染症「COVID‑19」の COVIDを反対に並べた言葉で、「12人のクリエイターとともに、COVID-19をひっくり返したい」という想いが込められている。 また、DIVOCのそれぞれの文字にはDiversity=多様性、Innovation=革新、Value=新しい価値、Originality=個性、 Creativity=創造、という意味も持たせているそうだ。

それらの前情報を踏まえても、踏まえていなくても、この『DIVOC-12』はとても面白い。それぞれが約10分間という短い上映時間の中で、説明に頼らない映画表現の豊かさ、はたまた独創的なアイデアと単純明快なエンタメ性、もしくは閉塞的な世の中でこそ響くテーマを掲げた、バラエティ豊かな映画の楽しさをたっぷりと堪能することができたのだから。

横浜流星、松本穂香、小関裕太、蒔田彩珠、石橋静河、清野菜名、窪塚洋介、富司純子、藤原季節、前田敦子など、出演者もとても豪華なので彼ら彼女らのファンも大いに楽しめるはず。本編の冒頭に表示される「DIVOC-12 プロジェクトステイトメント」からも、その志の高さと熱意は伝わるだろう。

ちなみに、公開直前に上田慎一郎とその妻のふくだみゆき、そして2人の新鋭監督である中元雄とエバンズ未夜子が、ネタバレを配慮しつつ約2時間に渡って12篇それぞれをじっくりと解説した生配信が行われていた。本編と合わせて観ると、より楽しめるだろう。ラジオのように「聴く」のもおすすめだ。



こちらで上田監督は「#推しDIVOC12」というハッシュタグをつけて、好きな作品をSNSで発信してほしいとも語っているので、TwitterやInstagramを利用している方は、ぜひその提案に乗ってみてほしい。

次ページでは『DIVOC-12』の中から、筆者が独断と偏見で選んだベスト5を、大きなネタバレに触れないように紹介しよう。12篇それぞれに強力な個性があるため、誰もがお気に入りがの作品できるはずだ。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 『DIVOC-12』の個人的ベスト5とそれぞれの特徴を紹介

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.