あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<考察>「最愛」第2話:事件のカギは15年前の携帯電話!早くも犯人が判明?(※ネタバレありレビュー)



「最愛」画像ギャラリーへ

吉高由里子主演の金曜ドラマ「最愛」が2021年10月15日より放送開始。

念願の製薬事業にまで手を広げるに至った「真田ウェルネス」の代表取締役・真田梨央(吉高由里子)は、学生時代に思いを寄せ合っていた宮崎大輝(松下洸平)と15年ぶりに再会。彼は警視庁刑事部捜査一課の刑事となっていた。一方、梨央はとある重要事件の参考人に……。

本記事では、第2話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

「最愛」第2話レビュー

10月15日にスタートしたドラマ「最愛」が早くも話題となっている。

手に血が付いた状態でパトカーに乗り込む梨央(吉高由里子)の姿が印象的だった第1話。
ストーリー展開、映像美、そして演技派の役者たちと文句なしだ。

同作品はこれまで多くのヒット作を手掛けてきた、プロデューサーの新井順子と演出の塚原あゆ子。
脚本は、奥寺佐渡子と清水友佳子が手掛ける完全オリジナル。
さらに主題歌の「君に夢中」を歌うのは、あの宇多田ヒカルだ。
少しだけその歌詞に触れてみる。

「君に夢中 人生狂わすタイプ」
「好きすぎてどうにかなる」
「ここが地獄でも天国」

これは歌詞を見ているだけでもゾクゾクするやつだ。
人生狂わすタイプとは、第1話を見る限り15年後の梨央(吉高由里子)のようだが、個人的にはそんな「まんま」なわけがないような気も……。

(以下ネタバレありです)

第2話では消えた携帯電話の行方が明らかになる。
実家に久々に帰省した梨央は、弟の優(柊木陽太)から「見せたいものがある」と携帯電話を渡される。
「怖い画像が映っとる」「ガチで怖いやつなら消しといてな」とだけ言って部屋を出ていってしまった優。

恐る恐る2006年9月21日の動画を再生してみると、そこに映っていたのはなんと失踪した大学院生の渡辺康介(浅井大智)と自分だった。
さらには、その動画から事件の概要が明らかに。
涙が止まらない梨央。
康介を殺してしまったのは優なのか。
優が殺したとすると、その遺体を隠したのは梨央の亡くなった父親、達雄(光石研)?
では、15年後に康介の父、昭(酒向芳)を殺したのはいったい誰? 
何のために?
さらに現在、失踪中の弟はいったいどこに?

まだまだ謎だらけだ。

このドラマは過去と現在が行ったり来たりするのも特徴的。
しかし、視聴者を惑わすようなものではなく、スッとストーリーが入ってくるのは前述したプロ集団のお陰だろう。
まだ第2話の時点で、これまでの名作ドラマと肩を並べる作品なのではないかと、みるみる期待値が高まる。

個人的に刑事役の津田健次郎の声が良すぎて困っている。
登場すると声に聞き惚れてしまって、ストーリーが入ってこない……(苦笑)
さらに、梨央の兄役の奥野瑛太と専務役の及川光博が超絶感じが悪く、顔をしかめたくなる。

今後は、脇を固める登場人物にも注目したい。

「最愛」2話のストーリー



思わぬ形で15年ぶりに再会した梨央(吉高由里子)と大輝(松下洸平)。大輝は梨央に任意同行を求め、遺体で発見された昭(酒向芳)との関係や、昭の息子・康介(朝井大智)の遺留品について尋ねる。

会社に戻った梨央に、専務の後藤(及川光博)はフリー記者・しおり(田中みな実)から入手した写真を見せ、昭との関係を追及。梨央を心配した弁護士の加瀬(井浦新)は、今後は一人で警察と会わないよう約束させる。

一方、捜査資料から、梨央が今も変わらずに新薬開発の夢を追いかけていることを知る大輝は、刑事として今回の殺人事件と15年前の事件のつながりを調べはじめる。

さかのぼること14年前の2007年ーー。真田家での生活になじめずにいた梨央。兄・政信(奥野瑛太)との対立や弟の優(柊木陽太)と自由に連絡が取れないなど、慣れない生活を送っていた。そのような中でも加瀬の支えによって何とか大学には通っていた梨央だが、とある衝撃的な真実を知ることに……。


(文:駒子)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「最愛」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録