あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

乃木坂46・与田祐希の魅力|“ピュアさ”を強みに女優として躍進

(C)井上堅二・吉岡公威/講談社 (C)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会

女優・与田祐希。

と聞くとまだまだしっくりこないという方のほうが多いのではないかと思う。それもそのはずで、まだまだ出演作も少なく他の現役メンバーと比べても露出度はそこまで多くはない。しかし、私は『ぐらんぶる』で彼女の演技を見てからというもの、必ずや女優として注目を浴びる日が来るだろうと感じていた。

与田はまた「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)に出演しており、さらには「ほんとにあった怖い話」(フジテレビ)でも主演を務めるなど、女優として注目を集め始めている。

まだ世間的に大きく知られていない、このタイミングでぜひ知ってもらいたい……ということで与田祐希の魅力について書き連ねていたい。

3期生のエース・与田祐希とは?

与田は乃木坂46のファンにはもはや語るまでもない主要メンバーのひとりとは思いつつ、どういうキャリアを歩んできたのか知らない方も多いと思うので書かせていただきたい。

2000年5月5日生まれ、記事掲載時点で21歳の与田は2016年9月の「乃木坂46 3期生オーディション」に合格し、3期生の中核メンバーとして活動。そこから約1年という短いスパンにも関わず、18thシングル『逃げ水』において大園桃子とともにセンターに抜擢されることが発表され、世代交代を大きく匂わせるサプライズとなった。



3期生の中では最も選抜回数の多いメンバーであり、現在乃木坂46の楽曲イメージを構成するひとりとして与田の存在は欠かせないものとなっている。

2017年12月には3期生として初の1stソロ写真集『日向の温度』(幻冬舎)を発売。続いて2020年3月に発売された2ndソロ写真集『無口な時間』(光文社)は、イタリアを舞台にちょっぴり大人びた印象的なカットが話題となり、累計発行部数20万部を突破するヒットを記録した。




またファッション誌『bis』(光文社)と『MAQUIA』(集英社)ではレギュラーモデルとして活躍するほか、ソロで多数のテレビ番組への出場や女優としても数々のドラマや映画に出演しており、個人での活躍も目立ってきている。

与田の魅力をひとことで言えば、誰からも愛される天性の才能を持っているということだろう。メンバー内で最も低いとされる身長も愛される要素ではあるが、『乃木坂工事中』(テレビ東京系)内での企画「Wセンターをもっと良く知ろう」で披露された「学校に筆箱を忘れてリモコンを持っていく」というド天然エピソードや同番組の「奇想天外!与田クイズ!」でのメンバーが驚愕してしまうほどの調子外れな回答の数々など、個性的なパーソナリティも人を惹きつける要素になっている。

次項からは与田の出演作を振り返りながら、女優としての魅力を紹介していきたい。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「モブサイコ100」で女優業を本格始動

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録