あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

乃木坂46・山下美月の魅力:“あざとい”演技で新境地を開拓した演技派女優



(C)TBSスパークル/TBS

10月11日からスタートするドラマ「じゃない方の彼女」(テレビ東京)でヒロイン役として出演する乃木坂46の山下美月。アイドル活動と並行して女優としてのキャリアを築き上げてきた彼女だが、2021年の今年は地上波のプライム帯の連続ドラマに初出演を果たすなど、これまで以上に役者としての演技に注目が集まっているという印象だ。

アイドルとしては小悪魔な一面を見せ、グループ内でも独自のポジションを確立させている山下。役者としてもそのイメージを思わせるような役柄を演じることが多いが、山下の演技は妖艶なのにどこかさっぱりとしていていやらしくないのだ。

山下は乃木坂46の現メンバーのなかで最も女優として評価されるべきメンバーだと声を大にして言いたい。本記事では山下のファンのみならず、映画好き、ドラマ好きの方にも彼女の魅力を伝えていきたいと思う。

乃木坂46・山下美月とは?

2016年に乃木坂46の3期生オーディションに合格した山下は、20thシングル「シンクロニシティ」から最新シングル「君に叱られた」までほぼ全てのシングルで選抜入りを果たしている、現在のグループの中核を担う人気メンバーのひとり。

2021年1月にリリースされた26thシングル「僕は僕を好きになる」では初の表題曲センターに抜擢され、3期生、4期生を中心に据え新しいフェーズの到来を予感させるものになっていた。



グループでは「乃木坂工事中」(テレビ東京系)で行われた企画「乃木坂恋愛模擬テスト」において、「気になる同僚の彼女の有無の確かめ方」というお題に対し、「彼女さんどんな人なんですか?」と相手の彼女がいる前提で聞いてみたり、また同番組で行われた企画「バラエティ養成講座」の食リポ実践編でもデミグラスソースをわざと口元につけてあざとさを炸裂させたりと、すっかり小悪魔的なイメージが定着している。山下のあざとかわいいキャラはグループ内で培われたといってもいい。

2018年にはファッション誌「CanCam」の専属モデルに抜擢され、2021年には5度目の表紙となるなど、モデルとしてもティーンから高い支持を受けている。

中でも2020年1月に発売した1st写真集「忘れられない人」(小学館)が坂道シリーズのソロ1st写真集として史上最多となる初版14万部となり、稀に見る大ヒットを記録。数多くの写真集が人気を獲得している乃木坂46だが、ソロ1st写真集の初週売上としては歴代1位ということらしく、山下がグループでどれほど人気メンバーなのかが分かってもらえるだろう。

『日日是好日』で映画初出演!山下の女優としての軌跡を辿る


(C)2018「日日是好日」製作委員会

山下の映画デビュー作となったのは黒木華主演の映画『日日是好日』(18)。黒木演じる典子がお茶と出会い成長していく姿が静かに描かれた作品だ。山下が演じたのは典子が通う茶道教室の後輩で優れた茶道の才能を持ち合わせているひとみ。山下といえば、高校時代に茶道部の副部長をやっていたこともあり、茶道をする立ち振舞いは美しく、気品に溢れていた。


(C)「神酒クリニックで乾杯を」製作委員会2019

続いて出演した「神酒クリニックで乾杯を」では一見清純だが実は天然な看護師を演じる一方で、「ザンビ」ではスクールカーストの頂点に立つ強烈なキャラクターを演じており、この振れ幅の大きさは女優としての才能を示すには十分すぎるほどだった。

バイプレイヤーながらすでに女優としての才能の片鱗を感じさせるのも凄いことであるが、山下は次作で自らの魅力が存分に発揮された役柄を手にし、女優として大いに注目を集めるようになる。

「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」で初主演に抜擢!小悪魔的なヒロインを熱演


(C)「電影少女2019」製作委員会

初主演作となった「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」(テレビ東京系)は2018年に西野七瀬が主演を務め話題となった「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-」の続編として制作され、前作とは異なるダークファンタジー的なストーリーとなっており、山下演じるマイは悪女的な魅力で関わる人々を翻弄していく。

西野が出演した前作と比較されることも多く、演じる際には難しさもあったはずだ。しかし、山下はひとりの役者として向き合い、乃木坂46というアイドルという殻を破り捨て、自分にしかできない演技を見出していった。

基本的にマイという人物は表情に乏しくあまり感情を表に出すことはしないが、それゆえに演じる側は絶妙な演技が求められてくるものだ。山下はマイのダークネスな部分の表情から仕草に至るまで微細かつ大胆に演じ、マイという人物像をくっきりと浮き彫りにして見せていた。山下の底しれぬポテンシャルの高さを感じたのは本作におけるこの演技を見てからだ。

山下の吸い込まれるような大きな瞳で艶っぽく誘惑する台詞は山下のあざとさとも通ずるものがあり、その妖艶な佇まいに一瞬で私は引き込まれた。その手腕たるや、一介の女優ではないことを示すものであり、本作をきっかけに山下への評価は高まっていくことになる。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 好奇心旺盛なお嬢様で新境地を開拓!「映像研には手を出すな!」シリーズ

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録