あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<菅田将暉×小松菜奈>国宝級夫婦をガチで拝める作品を振り返る



菅田将暉と小松菜奈が結婚を発表した。俳優界史上最も絵になると言っても過言ではないこの”最強カップル”。

以前、ある記事で、菅田将暉と小松菜奈についてこのように触れたことがある。

なにかと話題の菅田将暉、小松菜奈ペアがW主演を務める『溺れるナイフ』(16)。

俳優・重岡大毅の魅力:ただのアイドルじゃない、知られざる憑依力

まさかまた語れる日が来るとは。しかも、お祝い記事として。

話題作で三度も共演、こうなることは必然だった?

「コントが始まる」より ©NTV

菅田将暉は『仮面ライダーW』で主演として2009年にドラマデビュー。以降、若手個性派俳優として人気を博してきたが、『ディストラクション・ベイビーズ』(16)を皮切りに、同年『セトウツミ』、『何者』、『溺れるナイフ』など、主役級の役柄が見事続いた。2021年4月期 日本テレビ 土曜ドラマ『コントが始まる』の高岩春斗役も記憶に新しい。もうすっかり映画・ドラマに欠かせない若手演技派俳優である。

(C)2021「恋する寄生虫」製作委員会

小松菜奈は『ニコ☆プチ』のモデルとして2008年にモデルデビューした後、2014年公開『渇き。』でセンセーショナルな女優デビューを飾った。小松菜奈演じる加奈子を観たときの衝撃は未だに忘れられず、「間違いなくこれから”来る”女優だ」と確信したことをよく覚えている。その後、菅田将暉同様数々の話題作に出演。現在公開中である『ムーンライト・シャドウ』、『恋する寄生虫』でも主演を務めている。

(C)2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

菅田将暉と小松菜奈の初共演作品となったのは、2016年公開『ディストラクション・ベイビーズ』。

菅田将暉はこのときに小松菜奈に一目惚れし、それはもうゾッコンだったという話しは有名だ。にも関わらず、小松菜奈は当時「菅田さんのことが嫌いでした」という衝撃告白をしていたそう。

本当に彼のことが嫌いだったという意味合いではなく、菅田将暉演じる裕也という過激な役柄が作用しているだけではあるが、「あんな菅田将暉を見たらそりゃ嫌いになるわ」と本作品を観て激しく小松菜奈に同情した。


(C)ジョージ朝倉/講談社 (C)2016「溺れるナイフ」製作委員会

撮影順はもしかすると前後している可能性もあるが、この直後に『溺れるナイフ』で”校内の誰もが憧れる美男美女カップル”として二度目の共演。そして、2020年公開『糸』で”初恋同士であり、運命の糸で結ばれていた二人”として三度目の共演。

(C)2020映画「糸」製作委員会

ここまで”恋絡みの濃い絡み”が続くとは、菅田将暉と小松菜奈が家族になることは偶然ではなく必然だったとしか言えない。

NEXT|次ページ > 『溺れるナイフ』:いつまでも眺めていられる最上級ヴィジュアルカップル

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録