あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<SUPER RICH>赤楚衛二VS町田啓太!私は江口のりこに転生したい



突然ですが、みなさん、年下男子はお好きですか。

年下好きの人もそうでない人も間違いなく心を掴まれているであろう、2021年秋ドラマ『SUPER RICH』のあの二人

赤楚衛二演じる春野優と、町田啓太演じる宮村空だ。

“金はあるが愛に飢えた”、そんな人生を過ごしてきた氷河衛(江口のりこ)の前に突如現れた優と空。

"年下男子"という共通点がありながら、持ち味が全く異なるこの二人。
ここからは、赤楚衛二演じる春野優と町田啓太演じる宮村空、それぞれの魅力について迫っていく。

春野優としての赤楚衛二:何をしでかすかわからない博打感さえも愛おしい



衛が代表取締役CEOを務める、電子書籍を手がけるベンチャー企業「スリースターブックス」のインターンに応募したことから人生が一変した優。

元々衛に対して憧憬の念を抱いていた優だが、衛との距離が近付くにつれ憧れから恋心へと変わっていく。

最初は優に対して何の感情も持っていなかった衛だったが、優の計り知れない熱量にどんどん侵食され、気付けば「スリースターブックス」になくてはならない存在に。

そんな優の行動力には、目を見張るものがある。



衛の共同CEOで「スリースターブックス」を窮地に追い込んだ当事者である一ノ瀬亮(戸次重幸)に近付くため、暴力沙汰に巻き込まれるかもしれないところまで介入したり、新生「スリースターブックス」の初仕事として人気作家・北別府K(松田美由紀)を口説くべく雑務までをもこなしたり、「三日月モバイル」の大河一郎(田山涼成)専務に物怖じせず発言したり。

経験やお金がないながらも、衛のために、会社のために常に全力を尽くす優の姿に、図らずとも心打たれてしまう。

衛のことを思うがあまり突飛な行動に出てしまい、時折衛のことを困らせもしているが、そんな大胆不敵さも優らしい。

”年下の男の子”感も満載で、「意外とかわいいとこありますよね」、「嫌なんです。衛さんが宮村さんのものになっちゃうの。」など、衛でなければ心臓を撃ち抜かれてしまうようなキュンキュンワードを炸裂。年下男子の威力は凄まじい。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 宮村空としての町田啓太:年下とは思えないオトナな魅力に高度依存の危険性

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C) Fuji Television Network, Inc.