あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ハレ婚。」第2話レビュー:“普通”の結婚ってなに?ラブコメが覆す固定概念(※ストーリーネタバレあり)



>>>「ハレ婚。」画像を全て見る(全2点)

島崎遥香主演のドラマ「ハレ婚。」が、2022年1月16日放送スタートした。

「ヤングマガジン」(講談社)で2014年から2019年にかけて連載されたNON原作の同名漫画をドラマ化した本作は、日本で唯一の「一夫多妻制(ハーレム婚、通称ハレ婚)」が認められた街を舞台にした異色ラブコメディ。実家へ帰郷して“3人目の妻”となる主人公・小春役を島崎遥香、すでに二人の妻を持ちながら小春にプロポーズする「ハレ婚夫」伊達龍之介を稲葉友、1人目の妻・ゆずを柳ゆり菜、2人目の妻・まどかを浅川梨奈が演じる。

本記事では、第2話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

【関連記事】「ハレ婚。」第1話:島崎遥香、コメディエンヌの才能が設定を現実に落とし込む

【関連記事】『ずっと独身でいるつもり?』未婚&既婚女性の心の揺れを描いた群像劇
 
【関連記事】「私の正しいお兄ちゃん」第1話:古川雄大の危うい魅力

「ハレ婚。」第2話レビュー

夫1人、妻3人による前代未聞の新婚生活が始まった。すでに定められていたあくまでも夫・龍之介(稲葉友)ファーストな家庭のルールに、小春(島崎遥香)は驚くばかり。

特に理解し難いのは、「寝床は問答無用でローテーション!」というもの。初日の夜には隣からゆず(柳ゆり菜)と龍之介が営む声が聞こえ、小春は思わず部屋を飛び出す。

そこで目撃してしまったのが、物置小屋に置かれたピアノを泣きながら弾くまどか(浅川梨奈)だ。正義感の強い小春は自分の気持ちを押し殺すまどかに説教するが、「ハレ婚なんてやりたくないのはあなたでしょ」「嫌なら出ていけばいい」と突き放されてしまうのだった。

確かにまどかの言い分もわかる。本作が一夫多妻制度が認められた架空の街を舞台としたフィクションでありながら、妙にリアルなのは何故か。それはあくまでも国民に与えられた一つの選択肢であり、“強制されていない”という点にある。だからどんなに小春が理解できないものだったとしても、それを好んで選び取った3人を否定する権利などない。

特に龍之介が呟いた「決まってるの?こうしたら愛ですよ、なんて。学校では教えてくれない。変なの。だいたい、その普通の夫婦だってどの程度まともに夫婦やれてるんだろうね」という言葉がじんわり響いた。

夫婦は1対1じゃなきゃダメ。男女じゃなきゃダメ。結婚したら、どちらかが改姓しなきゃダメ……。今でも多くの人が捉われている「こうしなきゃダメ」という結婚にまつわる既成概念に揺さぶりをかける。ああ、やっぱり小春は私たち視聴者の分身なのだ。

もちろん小春にもハレ婚を受け入れがたい理由があって、そこもちゃんと描いてくれる。東京で既婚者に騙され続けたからこそ、自分だけを愛してくれる人を求めている小春。

お互いを完全に理解し合うことは難しいかもしれない。でも、ラストでなぜハレ婚が必要なのか理由を問われ、龍之介が人生を旅に例えて「仲間に僧侶と魔法使いがいたら武闘家もほしい」と語った時に小春が「なにそれ」と笑うシーンは、違った価値観を持つ者たちが共存する一つの道を提示してくれた。

ただ小春の場合はまだ龍之介に恋愛感情を抱いていないからこそ、彼が他の妻とイチャイチャしていても耐えられるわけで……。一方、十数年龍之介から思われていた小春に対する態度はゆずとまどかで大きく違う。

全く気にしておらず、むしろ龍之介を煽っているようにも見えるゆずに対し、嫉妬心を剥き出しにするまどか。ここまでは龍之介と小春の関係性にスポットが当てられてきたが、二人の現在に至るまでのエピソードも気になるところだ。

(文:苫とり子)

【関連記事】「ハレ婚。」第1話:島崎遥香、コメディエンヌの才能が設定を現実に落とし込む

【関連記事】『ずっと独身でいるつもり?』未婚&既婚女性の心の揺れを描いた群像劇
 
【関連記事】「私の正しいお兄ちゃん」第1話:古川雄大の危うい魅力

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「ハレ婚。」第2話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録