あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

Netflix韓国ドラマ「その年、私たちは」で深く突き刺さった7つのセリフ

すべての片思い経験者へ、あるいは人生が孤独でつまらなくて仕方なく生きていると感じている人へ、Netflix「その年、私たちは」をおすすめしたい。珠玉のセリフを7つお届けする。



→「その年、私たちは」Netflix配信ページ

ポタポタと降り注ぐ雨のように、徐々に胸に溜まっていく切ないストーリー

この物語をシンプルに説明すると、

「学生時代の元恋人と5年ぶりに再会してヨリを戻す話」である。

学生時代、学年1位の成績だったクク・ヨンス(キム・ダミ)と、267人中267位だったチェ・ウン(チェ・ウシク)は、教師の薦めで「学年1位とビリが一緒に過ごす」という趣旨のドキュメンタリー番組に出演(番組のタイトルが「賢い学生生活」というのも、「賢い医師生活」ファンには嬉しい演出だ)。

初夏の爽やかさと幼さの残る可愛らしい映像は、時を経ても色褪せることがない。

映像が再び話題となったことをきっかけに、10年後の現在を撮る企画が立ち上がる。

2人は最初のドキュメンタリー出演後に恋人となり、既に別れてから5年が経っていた……。

涙あふれる切ない物語

淡々とした語り口調のナレーションと、ありふれた男女の恋愛模様。

なのに、この胸に迫る切なさと溢れる涙は、一体どこから来るのだろう......。

まずひとつ理由を挙げるとしたら、このドラマそのものをある種のドキュメンタリーとして観てしまうから、かもしれない。

「変わらない生活を送る人々に自分の姿を重ねることで、これが生きるってことかと気づかされる」

あるテレビ局プロデューサーのセリフである。

「その年、私たちは」は、ドキュメンタリーの撮影をベースにストーリーが展開していく。

そして、登場人物ひとりひとりに自分を重ねてみることができるのだ。画面の向こうで泣いているキャラクターを、いや、過去の自分をも一緒に抱きしめてあげたくなる。

この共感性の高さこそ、溢れる涙の最大の理由なのだとおもう。



NEXT|次ページ > 切なさや優しさに共感しすぎるセリフたち

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録