あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」第9話レビュー:「好き」という言葉を辞書で調べる凛々子の行動に視聴者もドン引き!(※ストーリーネタバレあり)



→「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」画像を見る(4点)

黒木華が主演、溝端淳平、野村周平、野間口徹、石井杏奈などが脇を固める木曜劇場「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」が2022年1月6日より放送スタート。

取材なしの「コタツ記事」を量産するユルいWebメディア「カンフルNEWS」の編集部へ異動となった、元経理部の瀬古凛々子(黒木華)。与えられた使命である「PV数アップ」を実現させるため、手段を選ばない取材方法を遠慮なくやってのける。

その真っ直ぐすぎるやり方に違和感を覚える他の編集部員だが、次第に彼女への好感が芽生えてきて……?

本記事では、第9話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

【関連記事】<ゴシップ>全話の解説/考察/感想まとめ

【関連記事】映画『ノイズ』出演・黒木華インタビュー

【関連記事】黒木華の魅力を再検証

「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」第9話レビュー 

「凛々子さんが好きです」
と笹目(寛一郎)から告白された凛々子(黒木華)。

しかし、凛々子は相変わらず「好き」とはなんぞやと、本人の目の前で辞書を引く始末……。
これには

「さすが凛々子!『好き』という言葉も辞書でひいちゃうか…」

「私なら目の前で『好き』の意味を調べられたら泣いちゃう」

「断る口実のためにあえて辞書をひいてるのかも」

など、視聴者も告白をされている最中に辞書を持ち出す凛々子の行動に唖然としていた。

困った顔の笹目に、その光景を覗き見する根津(溝端淳平)。
根津を演じる溝端淳平のせつない顔が、数々のドラマで「当て馬」キャラを演じてきた間宮祥太朗とダブる。

カンフルNEWS編集部では、下馬(野村周平)がつかんだネタ(人気小説家、草川(渡辺佑太朗)の熱愛現場)の記事を出すか出さないか検討していた。

と、そこへ書籍編集部の部長、井伏直哉(津田寛治)が草川の記事は絶対に出すなと編集部にのり込んできて……。

ここからいくつものストーリーが絡み、最後には見事に完結。

第9話は、非常に見応えのあるストーリー展開で観ているこちらもスッキリした。

目標だった5000万PVを達成したカンフルNEWS編集部。
最初はどうなることかと思ったが、凛々子の存在が化学反応を起こし、最近の編集部の雰囲気はとてもいい。
しかし、当の凛々子だけはどこか浮かない表情だった。

親会社の執行役員、仁和(安藤政信)に対して絶対服従の凛々子。
過去にこの2人、何があったのだろうか。

そして、誰かに何かを調べさせている仁和。
安藤政信の存在感はやはりすごい。
ラスボス感が半端ない。

次週はその仁和の元妻も登場。
笹目からの愛の告白に凛々子はどう答えるのか……。

最終回まで残り2週。
カンフルNEWS編集部と凛々子の動向に注目したい。

(文:駒子)


【関連記事】<ゴシップ>全話の解説/考察/感想まとめ

【関連記事】映画『ノイズ』出演・黒木華インタビュー

【関連記事】黒木華の魅力を再検証


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」9話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録