あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ドクターホワイト」第9話レビュー:白夜奪還に容赦ない 大切な人の危機に将貴は?(※ストーリーネタバレあり)


>>>「ドクターホワイト」の画像を全て見る(全4点)

浜辺美波が主演するドラマ「ドクターホワイト」が2022年1月17日放映スタートした。

樹林伸の小説を原作とする本作は、浜辺演じる豊富な医療知識を持つ正体不明の女性・雪村白夜が、現役医師の誤診を正していく医療ミステリー。共演は柄本佑、瀧本美織、岡崎紗絵、片桐仁、高橋努、高橋光臣、勝地涼、宮田俊哉(Kis-My-Ft2)ら。

本記事では、第9話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

【関連記事】<ドクターホワイト>最終回まで全話の解説

【関連記事】<アバランチ>最終回までの全話の解説

【関連記事】<柄本佑に引き込まれる>包容力から紐解く魅力

「ドクターホワイト」第9話レビュー



巌(石坂浩二)の死を経て、医師になるという目標を持った白夜(浜辺美波)。CDTの面々もそんな白夜を応援する。

一方で、将貴(柄本佑)は白夜を狙っているのが実業家の海江田(石橋凌)だと確信する。しかし、海江田に近づく術がない。ジャーナリストとしての肩書を持って乗り込もうとも考えるが、相手が強大で編集部からも許可が出ない。
そんな矢先、将貴の親友で刑事の淳平(宮田俊哉)に突然異動が命じられる。さらに、晴汝(岡崎紗絵)も何者かに連れ去られそうになる。淳平が助けに向かい、晴汝は無事だったが、将貴と白夜は激しく憤る。晴汝に危険が及んだのは自分のせいだと思った白夜は、施設に戻ると言い出し、ふたりはケンカに……。お互いを思ってのことだからこそ、切ないケンカだ。

将貴としては、大切な人たち全てを傷つけられている状態。怒りを抑えきれずに海江田の元へと乗り込む。海江田はのらりくらりと追及をかわすが、どうやら海江田の家族に秘密が隠されているらしい。なりふり構っていられない将貴は海江田を追い詰めるために淳平と動き出す。

そこへ物語は畳みかける。腫瘍が悪化した晴汝が倒れ、緊急手術が必要に。本来なら失踪中の勇気(毎熊克哉)が執刀医としてベストだが、勇気に対する監視が強まっている。連絡が取れても病院に入るのも困難な状態だ。
仙道(高橋努)と真壁(小手伸也)が控えつつ、CDTがかく乱行動をすることでどうにか勇気を手術室まで連れてくることができた。
晴汝の命を救えるのか、そして白夜の安全は……。

9話にして高森総合病院全体の統率が取れてきた。反発し合っていた者同士が和解し、手を取り合う様子はやっぱりいい。
緊迫する展開の中、意外にもCDTメンバー同士のやりとりが和みポイントになっている。
特に西島(片桐仁)、夏樹(勝地涼)、仙道がなんだかんだで仲良しなのが良い。医師を目指すという白夜を応援してあげたり、佐久間(高橋文哉)の恋を見守ってあげていたり……ちょっと面白がっているところもあるにせよ、ニコニコしてしまう。CDTトリオ(?)のスピンオフはまだですか……!

そして、今回ついに大きな見せ場があった淳平。ニコニコしているけど優秀な刑事というギャップが良い。まさかのアクションシーンも! でも、あっさり晴汝にフラれているところも淳平っぽい。晴汝は、手術が成功したら淳平とのことを考えなおしたりしてくれないかな……

来週いよいよ最終回。それぞれにとってのハッピーエンドが待っていることを願うばかりだ。


(文:ふくだりょうこ)

【関連記事】<ドクターホワイト>最終回まで全話の解説

【関連記事】<アバランチ>最終回までの全話の解説

【関連記事】<柄本佑に引き込まれる>包容力から紐解く魅力

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「ドクターホワイト」第9話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録