あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「殴り愛、炎」赤裸々感想|まともな人0人、最初から最後まで「何を見せられているんだ?」と思い続けてた

SHARE



4月期の連続ドラマが開始となる前に、2週連続の前後編ドラマとして放送されている「殴り愛、炎」。

2021年4月2日23:15よりテレビ朝日系で放送され、後編は4月9日同じく23:15より放送されます。

ドロキュン劇場の名手である鈴木おさむが新たに放つ強烈作で、ミュージカル界のプリンス・山崎育三郎が壊れたと話題沸騰。

今回の記事では、本作を視聴した筆者の率直な思いを文章にぶつけていきます。

もくじ

・前編あらすじ&感想

・後編あらすじ&感想

・『殴り愛、炎』作品情報

前編あらすじ&感想

前編のあらすじ



この手は人の命を救うためにある――そう心から信じ、一生人は殴らない…と心に誓っていた凄腕心臓外科医・明田光男(山崎育三郎)。

彼は同じ病院に勤める看護師・豊田秀実(瀧本美織)との結婚式を1カ月後に控え、幸せの絶頂にいた。そんなある日、光男は心臓発作を起こした急患・緒川信彦(市原隼人)の手術を担当。生死の境をさまよう信彦の命を、鮮やかなオペで救う。ところが…。

 信彦に、担当看護師として秀実を紹介した瞬間、運命の歯車はあらぬ方向へとめまぐるしく回りだす。なんと、信彦は秀実の高校時代の先輩だったのだ! 秀実が光男と結婚すると聞き、心から祝福する信彦。だが、そのまま何事も起こらないほど、人生は甘くなかった…。

なんと、光男に想いを寄せる幼馴染・徳重家子(酒井若菜)が、その会話を盗み聞き! さらには味方の顔をして秀実にすり寄り、信彦に告白するもフラれた過去を聞き出すことに成功してしまったのだ!!

 この状況を利用し、一気に光男を奪おうと画策した家子は、こっそり信彦に「秀実が光男のDVに悩んでいる」というデマを流したばかりか、焚きつけるように「秀実はまだ信彦のことが好きだ」と吹聴。一方、光男はふと、秀実が信彦のことを好きだったのではないかと勘ぐりはじめ…!

 そんな中、退院の日を迎えた信彦は、病室で2人きりになった秀実を思わず抱きしめてしまう。しかもあろうことか、そこへ光男が姿を現し…!?

前編の感想

まずは森の中でバードウォッチングする光男(山崎育三郎)と秀実(瀧本美織)。

光男はなぜかYEN TOWN BANDのSwallowtail Butterfly~あいのうたを口ずさんでいる。名曲だけど25年前の曲だからわからない人いそう……!

双眼鏡をかけ、バードウォッチングカウンターをカチカチする光男。

「おしどり夫婦かなぁ?」
「毎年相手は違うらしいよ。でも白鳥は死ぬまで相手を変えない」
「私たちはどっち?」
「決まってるでしょ」

なんだこいつら……

看護師として働く秀実の同僚にりんごちゃんと鳥居みゆき。光男の異母兄・倫太(永井大)の悪口を本人に聞こえる大きさで言っていて、大丈夫かこの職場。倫太が振り向くと「シーッ!」ってやってるけどそりゃ聞こえるだろ。

明らかに表情も声もおかしい女・家子(酒井若菜)。光男と幼なじみで、光男の父にも周囲にも光男と結婚するのは彼女だと思われていたらしい。りんごちゃんと鳥居みゆきが「元モデルでお金持ち、さらに今を時めくインフルエンサー。素敵~!」

どう見ても地雷女にしか見えないし、そもそも設定雑じゃない……?

病院の跡取り息子であり、日本でも有数の腕を持つ心臓外科医の光男。秀実はそこで働く看護師。看護師(瀧本美織)が「だーれだ?」の目隠しをしてイチャイチャしている。職場だぞ。患者を気遣って遅くまで仕事するという秀実に「じゃあ今日の夕飯は僕が作るよ。結婚するんだからいろいろシェアしたいし」と言う光男。

ここまではめっちゃいい未来の夫! 仲睦まじいカップルなのに……。

一方光男の異母兄の倫太なんだけど、この人髪型大丈夫???

ブラックジャックみたいだけど……前見づらくない?

父親から金をもらい小言まで言われるが、

「あいつがうちのエースとしてやってられるのは俺のおかげなんだから」

意味深!!


急患として運ばれてきて、光男が命を救った陶芸家・緒川信彦(市原隼人)は、秀実の高校時代の先輩で、秀実に告白されて断った過去がある人だった。光男の前で再会を喜ぶ二人だったが……?

ここで余計なことをするのが家子。

顔も声も怖い。

鈴木おさむのドラマで恋色のリップつけてる女はやばい(ex.奪い合い、夏)。

秀実に昔信彦のことが好きだったけどふられた、と聞き出し、信彦に秀実が信彦のことを今も好きだと思う、秀実は光男にDVされていると嘘をつく。光男に昔秀実が信彦を好きだったとばらし、秀実の腕に傷をつけてDVを匂わせる。

「お口チャーック」じゃねぇよ。

あと秀実の腕に爪を立てるとき、

「今も好きだったりしてええええええああああああ(高音)!」


今ヤギいた??? こっっっわ!

秀実のところに来た時梅干しみたいな顔してるし、こんな怪しい女にベラベラ話したり言ってること真に受ける信彦も何なん……? ここまでは、信彦は純粋でいい人なんだなと思っていた。

そう、ここまでは。

家子からお肉をもらった光男と秀実、朝からお肉を食べる。

朝から?? 胃粘膜が強靭だ。

光男に昔信彦のこと好きだったんだって? と聞かれ、同様でフォークを落とし、ごまかす秀実。

いや同様しすぎじゃない? 昔のことなんだから普通に言っても良くない?

明日退院の信彦のところに来て「体拭きますね」と言う秀実。

明日退院なら拭く必要なくない?

上半身裸になる信彦。何なんだこの無駄なサービスシーン。

「もうあの事みたいな身体じゃないけど……」

「何言ってるんですか鍛えてるじゃないですか」

「偽物だよ」

「どの筋肉が言ってるんですか」

なんかさ、相手が自分に気があると知った途端(家子の嘘なんだけど)しゃべり方とか態度変わってない? 

あと、秀実の腕を見てDVを確信して、心配するまではともかく抱きつくのはやばくない(しかも裸だしキスしようとしてるし)?

何だこの男。


そこに現れる光男。

カーテン開けた瞬間別のところ向いてるの怖っ!

信彦の退院後、たまたま街を歩いていて信彦の働くギャラリーを見つける秀実。

そんな偶然ある?????????

作品に感動するのはわかるんだけど、大声で「すごいすごいすごーい!」とオーバーリアクション気味の秀実。

白鳥が寄り添うお皿を見て「これが一番好き」「俺もこれが一番好きなんだ」と会話し写真を撮らせてもらう秀実。

個人的な感想だけど、このお皿が結構ダサい。

別の商品を割ってしまい、お詫びに工房に手伝いへ行くと強引に言う秀実。

この女頭おかしくないか?


ちなみに器が割れたときの信彦は「いいよ、所詮元は土なんだから」と言ってて笑った。いや確かにそうなんだけどさぁ。

秀実の携帯を盗み見て信彦のギャラリーに行ったことを知り、自分も行って例の皿を買ってくる光男。

「このお皿いいですね」

「俺もそれが一番好きなんです」

「秀実も好きそうだ」

そうだね写真に撮ってたもんね。

帰って秀実に見せて「秀実これ好きでしょ?」って言う。狂ってる。

飾られるお皿を見て「あ、この皿後で割られるんだろうな」と察する視聴者であった。

光男に隠れて信彦の工房に行く秀実。狂ってる。

それをチクる家子。怒りで皿を壁に叩きつけて割る光男。

皿割るの早っ!!!

出張で3日家を空けるという光男。

これは完全に「ここにいるよ~!!!」フラグじゃん。

案の定、家に一人でいる時に発作? が起きた信彦から電話がかかってくる。

急いで駆けつける秀実。「心音を聞きます」と言ってベンチに寝ている信彦の胸に顔を乗せて耳を当て、なんかうっとりして目を閉じる。

何を見せられているんだ……?


「せっかくだから少し(陶芸)やってく?」

「うん」

何で???

ちなみに何で信彦は身体弱いのにいつもタンクトップなの?秀実は長袖なのに……。

うまくろくろが回せない秀実の後ろから補助する信彦。

「映画のゴーストみたいだね」と言う秀実。

多分秀実の世代の人その映画知らない気がする(私もタイトルしか知らない)。

そのまま手を握りキスしようとする。

いやこいつ助けてくれた人に対して何なんだよ。


そこへ光男から電話。今おうちと嘘をつく。
すぐにバレる嘘をつくなーーーーー!

家に帰ろうとする秀実を止め、抱きついてキスする信彦。
いやもうこいつ性犯罪者だろ……

「帰るね」と扉を開けると、そこには双眼鏡を掲げた光男。来たーーー
悲鳴を上げる秀実。

「(息声で)ここにいるよーーーーーーー!」

ニヤリと笑う

「見てたよ、ずっと見てた。11回、11回キスしてた」

バードウォッチカウンターの「11」という数字を見せる光男(狂ってる)

「試したんだよ。僕が3日いないと言ったらこのどうしようもない雄鳥が、僕の大事な秀実に奪いに来るんじゃないかと思って」

「やっぱりやっぱりやっぱりやっぱりやっぱり」

とカウンターを11回カチカチしながら信彦に迫る。

「違うの」という秀実に

「違わないよ〜〜~!!!!!!!!」と言って信彦を殴る光男。

「僕の手は人を殴るためにあるはずじゃなかったんだ」と言ってる。

「お前でめきん(秀実のあだ名)のこと殴ってたんだろ?(※家子の嘘)」

と格ゲー張りのアッパーカットをキメる信彦。

本当は光男(山崎育三郎)の壊れっぷりを恐れ楽しむドラマだと思うのだけど…。信彦(市原隼人)女が自分に気があると聞いて猛プッシュする変態タンクトップにしか見えないし、そんな信彦にときめいちゃってる秀実(瀧本美織)も理解できないし、家子(酒井若菜)はすべてがおかしいし、他のおかしさに気を取られちゃって光男が相対的にマシに感じてしまってキレ演技に集中できないのがちょっと残念でした。

これ以上どんな展開になるのか……後編も見逃せない!

後編は、2021年4月9日23:15よりテレビ朝日系にて放送です。

→目次へ戻る

NEXT|次ページ > 後編あらすじ&感想

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

© tv asahi