あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『桜のような僕の恋人』で魅せた中島健人の“表情”


>>>『桜のような僕の恋人』画像を全て見る(5点)

Netflixにて独占配信中の作品『桜のような僕の恋人』

美容師として働く美咲(松本穂香)にカメラマン見習いの晴人(中島健人)が恋する模様を描いた作品。それぞれ夢を持ち、明るい未来を期待しているなか、突然美咲が難病に襲われてしまう。作中で幸せそうな2人の姿を何度も目にしてきたため、2人に迫られる選択が観ていて心苦しかった。

原作は宇山佳佑による同タイトルの小説。中島健人はこの小説を2019年の夏に読んでからファンで、「おすすめの小説」として雑誌で紹介していた。作品の魅力を映画関係者の人に話していたというくらい、思い入れの強い作品だったからか、演技にも熱が込められていた。

これまでの映像作品から一皮剥けた演技を鑑賞できたと思う。

本記事では、『桜のような僕の恋人』でさまざまな表情を見せた中島健人の演技について、季節の流れとともに綴っていきたい。

※本記事では『桜のような僕の恋人』のネタバレがあります。未鑑賞の方はご注意ください。

>>>【関連記事】『桜のような僕の恋人』中島健人&松本穂香を堪能できるラブストーリー

>>>【関連記事】中島健人の魅力:遠くて近い天性のアイドル

>>>【関連記事】「彼女はキレイだった」ドラマレビュー

春の晴人:自信がなく、オドオドしている



美咲と出会ったばかりの晴人は早口かつ小声で、自信がなさそうな印象だった。

キラキラしたアイドル・中島健人のオーラは完全にゼロである。当時の晴人はカメラマンになる夢から逃げ、アルバイトを転々としていたので、自身の生き方に自信が持てなかったのかもしれない。

だが、彼女に恋人がいないと知ったとき、デートに誘えたとき、晴人は俯きがちな普段の表情からは想像できないほどの満開の笑顔で喜んだ。

散髪中に美咲が晴人の耳たぶを切り落としてしまったことをきっかけに、晴人は美咲をデートに誘うことに成功したのだ。無邪気な喜び方から、本気で美咲のことを好きなんだと伝わってくる。

初デートの最中、「職業はカメラマン」と嘘をついていたことを謝った晴人に対して、美咲は「夢なら簡単に投げ出さないで」と本気で怒った。そんな美咲に晴人はますます惹かれたようで、彼は「変わります。あなたに好きになってもらえるように」と叫んだ。

大声で叫ぶ、というよりも、一生懸命声を上げていた、と表現した方が正しい。

自信がなさそうな虚ろな表情だったが、「好き」と叫んだときの目からは強い意志が感じられた。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 夏の晴人:恋も仕事も、一生懸命になる

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録