あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『バブル』日本のアニメ映画史上最高峰の“体験”ができる「5つ」の理由

(C)2022「バブル」製作委員会


(C)2022「バブル」製作委員会

>>>『バブル』画像を全て見る(10点)

アニメ映画『バブル』が、4月28日(木)よりNetflixで配信がスタート、5月13日(金)より劇場公開がされる。つまり「映画館より先に配信スタート」という珍しい商業展開がされているわけだが、観てみれば大いに納得できた。

なぜなら、『バブル』は世界に誇る日本のアニメ映画の技術力を見せつける、その「代表」にもなれるほどにクオリティが高い。さらに、後述するダイナミックなアクションと、気持ちの良いアニメーションをたっぷりと「浴びる」ことができるため、心の底から「映画館で(も)観たい」と思わせてくれるからだ



もちろん、配信で映画を観るのも選択肢の1つであり、今回のNetflix先行配信という形で多くの方に触れられる機会が与えられたのは、喜ばしいことだ。しかし、他に邪魔が入らない空間、こだわりの音響、大きいスクリーン、何より他の観客と共有する「体験」ができる映画館は、映画を最適なかたちで楽しめる場所だ。

先に配信がスタートするオリジナル企画の作品で、どれだけの人が「映画館で(も)観る」という選択肢を選ぶかは、ビジネス的観点からも興味があるし、その選択をさせるだけの力が『バブル』にはあると信じている。荒木哲郎監督自身も「視界を埋める画面(映画館)で観るほうがライド感がありますよ」と提言しており、第72回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門へ正式出品されていることも作り手の自信が明確に表れた結果だろう。

さらなる「映画館で観て!」と強く推せる理由と、作品そのものの魅力をたっぷりと記していこう。

>>>【関連記事】『アイの歌声を聴かせて』が大傑作である5つの理由

>>>【関連記事】映画『クレヨンしんちゃん』“家族愛”が素晴らしい名作5選

>>>【関連記事】『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』を“4DX”で観てほしい「3つ」の理由

1:「進撃の巨人」「甲鉄城のカバネリ」の監督だからこその「パルクール」アクション

『バブル』の最大の特徴にして魅力は、全編で躍動感と疾走感に溢れる「パルクール」アクションが展開することだろう。

(C)2022「バブル」製作委員会

パルクールとは、人間の身体能力を最大限に駆使して、街中での素早い移動やアクロバティックな動きを「魅せる」スポーツだ。実写映画『YAMAKASI』は実在のパルクール集団を題材としていたし、『007 カジノ・ロワイアル』ではパルクールの第一人者セバスチャン・フォーカンが冒頭で華麗に逃走をする犯人に扮していたこともある。YouTubeやTikTokなどでも人気のコンテンツであり、若者を中心に興隆をみせているのだ。

予告編で観れば分かる通り、本作では2Dで描かれているはずのアニメのキャラクターがビルや瓦礫を飛び乗り動き回る様を、立体的な奥行きのある、ダイナミックなカメラワークで追う、ハイスピードで展開するパルクールの面白さをたっぷりと堪能できる。序盤はグループ対抗でスピードを競う様を、中盤とクライマックスではさらに違ったシチュエーションでのパルクールが展開していくのだ。

さらに、舞台そのものが面白い。謎の泡が降る現象のために多くの人が去り、建物が廃墟と化し、重力が壊れたため瓦礫が浮遊している東京の街は、若者たちにとってはむしろ恰好のパルクールでの競争の場となっているのだ。青い空と海、退廃的な風景が混ざり合う風景はそれだけで美しく、その中をパルクールで飛び回る様は「こんなの観たことがない!」という感動がある

(C)2022「バブル」製作委員会

本作で監督を務めた荒木哲郎は、「進撃の巨人」で「立体機動装置」による空中をカッ飛ぶアクションを、「鋼鉄城のカバネリ」(特に『海門決戦』)でヒロインがまるでダンサーのように華麗に動きまわり敵を倒していく様も描いてきた。



『バブル』では、その荒木監督の作家性を、「美しく退廃的な場でのパルクール」で、「極限」かつ「贅沢」に魅せてくれることに圧倒されるのだ。

それらの超絶的なパルクールと、ため息が出るほどに美しく退廃的な世界観を盛り上げるのは、「進撃の巨人」と「甲鉄城のカバネリ」でも荒木監督とタッグを組み、『プロメア』でも絶賛を浴びた澤野弘之による音楽

荘厳かつ浮遊感と多幸感が入り混じるような音楽は掛け値なしに作品世界にマッチしており、サントラでずっと聴きたくなる。Eveによるオープニングテーマ曲も、「これから」の物語への期待値をグッと上げてくれるだろう。



全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 2:まさかの「あの実写シリーズ」の影響も!

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2022「バブル」製作委員会