あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「金田一少年の事件簿」第2話レビュー:聖恋島殺人事件 前編、一(はじめ)・美雪・佐木の関係性がいい


「金田一少年の事件簿」の画像を全部見る

1995年の初放送以来、幅広い世代の支持を得続けている謎解きミステリードラマの金字塔「金田一少年の事件簿」。週刊少年マガジン(講談社)で連載された原作は、世界(12か国)累計で1億を超える発行部数を誇るメガヒット作。2022年に30周年を迎えた。

新シリーズは、選りすぐりのエピソードを現代の視点で再構築。主役は道枝駿佑(なにわ男子)。堂本剛(1995年/1996年)、松本潤(2001年)、亀梨和也(2005年)、山田涼介(2013年/2014年)と繋がれてきたバトンを受け取り5代目金田一一(はじめ)を襲名する。

本記事では、第2話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

【関連記事】「大豆田とわ子と三人の元夫」全10話の「名言&愛おしトピック」総ざらい

【関連記事】「真夜中にハロー!」第1話:モーニング娘。「みかん」のパフォーマンスに泣けてしまう理由

【関連記事】“明日カノ”主演・吉川愛インタビュー

「金田一少年の事件簿」第2話レビュー

前回から間が空き、待ち遠しかった第2話は、聖恋島というたった一人しか人が住んでいない孤島を舞台にした殺人事件だ。一(はじめ・道枝駿佑)・美雪(上白石萌歌)・佐木(岩﨑大昇)が剣持警部(沢村一樹)の釣りに付き合って訪れた先は、ギリシャ神話に登場する海の怪物『セイレーン』の哭き声のような、不気味な音が鳴り響く島。わざわざ旅行に行ってこんな声で落ち着かないなんてすごい嫌だ。

同じ宿(というか一か所しかないのだが)に泊まる人たちは、医師数名と彼らを接待する医療機器の営業マンたち。同行するツアーコンダクターの凪田(吉谷彩子)は医師たちと顔見知りのようだが、何かよくない思い出がありそうだ。ただ一人の住人である霧声(余貴美子)も何を考えているのかよくわからない。

医師の一人・寒野(高橋ユウ)からの手紙が全員に届けられ集まると、窓の外から飛んできた矢が寒野に刺さり絶命。海が荒れて外からの行き来ができない中、翌朝食糧庫も荒らされ、剣持・一と魚を釣りに行った先で潮医師(コサカマサミ)も波にのまれる。すぐに一が飛び込んで助けようとしたが助からなかった。釣り竿から手を離せばよかったのに、離すことができなかったようにも見えた。

今回、一(はじめ)の空気が読めず女心がわからない、鈍感な感じがよく出ていた。それに対して怒る美雪とあきれる佐木という三者三様の絶妙なバランス感がよかった。いつもマイペースだが、潮が目の前で溺れたとき剣持の静止もきかず飛び込み、セイレーンの巣に単身乗り込む勇敢さもあり、一(はじめ)の緩急が楽しめる回だった(セイレーンの巣に入っていくあたりはやっぱりしゅっとしてる一だな~! と思った)。

刑事がいるのに一般人の高校生を危険かもしれない場所に乗り込ませるのはどうなんだろうと若干気になるが、これ金田一だからな。凪田の悲鳴を聞いて駆け付けた一と佐木が、影尾医師(佃典彦)を目の前にするとなかなか手を出せず、美雪が飛び掛かって凪田の前に立ちはだかって守るシーンも美雪の性格が出ていてよかった。

また沢村一樹演じる剣持警部の柔らかい雰囲気が、初代金田一で同役を演じた古尾谷雅人と少し重なる気がして懐かしい。

しかし凪田が昔今回の3人の医師が働いていた病院で看護師をしており、しかも影尾と付き合ってたというのにはびっくりだ。「あんなおじさんと!?」と言ってしまう一ちゃんはまぁ失礼だが、年齢はともかく、影尾はずっといばっていて自分さえ得すれば良く、立場が弱い人たちに威張り散らしているような嫌なやつだった。凪田のような女性が年齢の差を超えてまで付き合う魅力が感じられなかった。

影尾へ別れを切り出した逆恨みで、今回の3人がグルになって凪田に患者への不要な投薬を指示して患者は死亡し、凪田は責任をなすりつけられて辞めさせられた……というエピソードは最低だった。そんな個人的な恨みのために患者を殺すなんて、医師としてありえない人たちだ。嫌な面しか見えなかったので、申し訳ないが殺された二人も正直あまり気の毒に思えない……と少しだけ思ってしまったが、連続殺人もので一人一人の死を軽く感じてしまうのもよくないな、と思った。誰がどんな目的で殺したのだろうか(そもそも手段も違うし同一犯なのか?)。凪田だけでなく、他の人たちにもよくは思われていなさそうだ。やはり次のターゲットは影尾なのだろうか。

ちなみにセイレーンの正体は、この島が昔人間兵器・回天(特攻隊の魚雷版)の基地だった頃の名残りで、魚雷に海水が入ることで出ている音だった。はるか昔に授業で習ったなぁ……とちょっと懐かしくなった。

次回明かされる真相はどんなものなのか。

(文:ぐみ)

【関連記事】「大豆田とわ子と三人の元夫」全10話の「名言&愛おしトピック」総ざらい

【関連記事】「真夜中にハロー!」第1話:モーニング娘。「みかん」のパフォーマンスに泣けてしまう理由

【関連記事】“明日カノ”主演・吉川愛インタビュー

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「金田一少年の事件簿」第2話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録