あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『流浪の月』李相日監督が描く“運命のふたり”


『流浪の月』作品情報

ストーリー
雨が降る夕方の公園でびしょ濡れになっていた10歳の少女・家内更紗に、傘をさしかける19歳の大学生・佐伯文(松坂桃李)。更紗は伯母に引き取られていたが、その伯母の家に帰りたがらなかった。文はそんな更紗の意を汲み、彼女を部屋にあげ、更紗はそのまま2か月過ごす。

しかし2人の共同生活は突如終わりを告げ、文は更紗を誘拐したとして逮捕された。それから15年後、傷物にされた被害女児とその加害者という烙印を背負ったままの更紗(広瀬すず)と文は偶然再会。

更紗のそばには婚約者の亮(横浜流星)が、一方文には看護師の谷(多部未華子)が寄り添っていた。過去から身を隠すように生きてきた更紗と文の運命は、彼らを取り巻く人々を巻き込み、大きく動き出す。

予告編


基本情報
原作:凪良ゆう「流浪の月」(東京創元社刊)

出演:
広瀬すず 松坂桃李
横浜流星 多部未華子 / 趣里 三浦貴大 白鳥玉季 増田光桜 内田也哉子 / 柄本明

監督・脚本:李相日

撮影監督:ホン・ギョンピョ

製作総指揮:宇野康秀

製作幹事:UNO-FILMS(製作第一弾) 

共同製作:ギャガ、UNITED PRODUCTIONS 配給:ギャガ

公開日:2022年5月13日(金)

製作国:日本
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録