あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<松坂桃李>論:すべてをはまり役にしてしまう男の魅力とは?『孤狼の血』『あのキス』『あの頃。』……



関連記事:『孤狼の血 LEVEL2』、松坂桃李&鈴木亮平のカメレオン俳優としての魅力が最大限に活かされた快作!

映画 『孤狼の血 LEVEL2』での主演が話題を呼んでいる松坂桃李。個人的に5~6年前まで彼のイメージは「さわやかな好青年」「真面目で誠実」で、そういう役が似合う印象だった。だが、ここ数年のさまざまな役への挑戦を観ていると、もはやこの人にはまり役などないと思う。むしろ、すべてをはまり役にしてしまう俳優だと思う。新作のニュースにどんな役柄が書いてあっても「松坂桃李なら演じこなすに違いない」という信頼感がある。

本記事では、松坂桃李のここ5年ほどのさまざまな役を振り返りつつ、その魅力にせまる。

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』中身のない不倫男

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

松坂桃李に対する印象が個人的に大きく変わったのは、2017~18年公開の複数の映画に立て続けに出演したときだ。『彼女がその名を知らない鳥たち』は、「松坂桃李、こんな役もやるんだ!」と驚いたはじめの作品だ。

口先だけの甘い言葉で蒼井優とダブル不倫するサラリーマンを演じている。ピロートークでかつて訪れたタクラマカン砂漠の話をするが、実は古本屋で立ち読みしただけだったと後にわかったり、行為中に相手に「あー」と声を出させる性癖があったり。よく見せかけて中身空っぽの役で驚いた。

映画『娼年』 体をきっかけに女性の心を開いていく「娼夫」

(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

驚きの主演だった。女性に身体を売る「娼夫」となる大学生の役で、多くの濡れ場がある。発表されたとき、衝撃を受けた人も多かったのではないだろうか。

だが実際に作品を観ると、「セックスなんて手順の決まった面倒な運動」と思っていた主人公が、セックスを通じてさまざまな女性の心を開き、癒していく物語だった。それに気づくにつれ本人の内面も変化していく様子が、セリフ以外の部分でも感じられた。

NEXT|次ページ > 映画『孤狼の血』 優等生刑事が激変するさまを見事に演じた

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録