あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2022-07-07

美 少年・浮所⾶貴にとってのヒーローは「やっぱりジャニーズ!」演技とグループへの思いも


>>>本記事の画像をすべて見る(提供写真6点)

玉島ノンによる人気コミックを実写化した映画『モエカレはオレンジ色』が7月8日(金)より全国にて公開される。本作はぼっちのJK・萌衣(⽣⾒愛瑠)と、超シャイで真面目な消防士・蛯原(岩本照)の不器用な恋を描いたラブストーリー。

cinemasPLUSでは、そんな蛯原の後輩消防士・児嶋元気を演じる、浮所⾶貴(美 少年/ジャニーズJr.)にインタビュー。撮影中のエピソードや、「ひーくん」と呼べるほどに近くなった岩本とのエピソード、さらには浮所が考える“ヒーロー”についてたっぷりと話してもらった。

撮影中は「浮所ファンばかりで幸せでした(笑)」



――本作への出演が解禁となったとき、浮所さんが消防士役なことに驚きました。

浮所⾶貴(以下、浮所):そうですよね! 今までは高校生役が多かったこともあり、僕も「あれ? 高校生かな」と思っていました(笑)。だから、消防士役は新鮮でしたし、自分にとっても新しいチャレンジで、かなり糧になりましたね。

――メンバーカラー・オレンジの浮所さんが『モエカレはオレンジ色』というタイトルの映画に出るのも印象的です。

浮所:題名を聞いた瞬間に「ぴったりだ!」とは、僕も思いましたね。

僕、普段から街中でオレンジの服を着ている人や、オレンジのネイルをしている人を見ると「え? もしかして浮所のファン……?」って反応しちゃうクセがあるんです。だから、今回の消防士役の皆さんがオレンジを着ているのを見て「うわー! 浮所ファンばかりで幸せだな」と内心テンション上がってました(笑)。

――児嶋元気を演じるにあたり、意識したことはありますか?

浮所:とにかく、のびのびと演じましたね。それから消防士役の皆さんが僕よりも年上だったこともあり、「僕が盛り上げよう」「起爆剤になろう」と、普段の浮所飛貴よりも2段ギアを上げてテンションを高めでいました。

自分の中では本当に楽しかったので、無理に頑張っていたわけではないのですが、帰りの車の中ではいつも爆睡していました(笑)。

美 少年内で筋トレが、プチブームに!?


――映画の中では、岩本さんとロープ登はんをしているシーンもありました。作品が決まってから、準備したことはありますか?

浮所:撮影が始まる前に、実際の消防士の方に教えてもらう時間があったのですが、そのときに出会った方を見て「ガタイすごいな!」と思ったんですよね。背中が大きいし、腕の筋肉あるし、腹筋バキバキだし……「今のままじゃダメだ!」と。そこからは6部位を2部位ずつに分けたセットを組んで、毎日筋トレしました。

――筋トレをして、効果は現れましたか?

浮所:今は自分でも触っちゃうくらい、体が大きくなったんですよ。特に胸が! めちゃくちゃベンチプレスを頑張ったので嬉しいですね。

それに、もともとポジティブな性格をしているのですが、筋トレを始めてから、姿勢が良くなりさらにポジティブになりました!

――では、岩本さんとのロープ登はんのシーンも問題なく?

浮所:いえ、あれは筋トレを始めたてのころに撮ったシーンということもあり……(笑)。5〜6mくらいの高さの壁だったのですが、僕は3〜4mぐらいでダメでしたね。照くんは軽々とやっていて、すごかったです。

「なんであんなにできるんだろう?」と思ったのですが、考えてみたら『SASUKE』ですもんね。ファイナルステージに立つ照くんが見えました。

――浮所さんの体が変わっていくのを見て、美 少年のメンバーは何か言っていましたか?

浮所:僕に影響を受けたのかわからないのですが、藤井(直樹)ちゃんが筋トレをし始めていましたね。家で腹筋ローラーとかをやってるらしく「見てよ浮所、胸ついてきたよ」って見せてきました。

ほかには、金指(一世)も筋トレし始めたらしくて、格闘家のような体になっていて、それはそれでかっこいいなと。(佐藤)龍我も同じぐらいの時期にジムに行き出したみたいだし……みんな各々やっているみたいです。

岩本照を“ひーくん”呼びできるくらい急接近



――撮影中、岩本さんとはどんなお話しをされていましたか?

浮所:岩本くん……じゃなくて、照くんは「自分はこうしたいとかあれば、俺に直接言ってこい」と言ってくれたり、「何か困ったことはない?」と気にかけてくれて心強かったです。

それから、照くんは僕のことを見て、すぐに笑っちゃうんですよね。上杉柊平くんとか、古川雄大さん、鈴木仁さんとテンション高めで話しているのを見て「しょうがないやつだな〜」みたいな笑顔をしてくれるんです。照くんのマネージャーさんからも「(照くんに)ハマってますね!」と公認いただきました!

――以前、ラジオでひーくん呼びすることもあるとお話しされていましたが、岩本くん、照くん、ひーくん…呼び方の割合を教えてください。

浮所:気持ち的にはひーくん85%、照くん10%、岩本くん5%で行きたいです! でも現実は、事務所に入ってからずっと岩本くん呼びしていたのが染み付いてますし、照くん本人の前では照くんって呼んでしまうことが多いですね(笑)。この映画のイベント期間中はひーくん100%で呼べるようになって「なんでひーくんなの?」ってツッコまれたいな。

――ひーくん呼びをつっこまれたいとのことですが、許可をもらったわけではないのでしょうか?

浮所:実は正式な許可は取ってなくて、今申請中なんです(笑)。でも、ひーくんって呼んでもちゃんと反応してくれるので、黙認だと思います!

お芝居をすることで「美 少年にも還元できる」


――昨年上映された主演映画『胸が鳴るのは君のせい』に続き2度目の映画出演となりました。撮影に参加しての感想を教えてください。

浮所:前回、主演をやらせていただいたのは、なかなかできない経験でしたし、すごく楽しかったんですよね。ただ、個人的には二宮(和也)くんや風間(俊介)くんのような主演としても活躍できる上に、主演でなくても爪痕を残せる役者になりたいなというのを目標にしています。

だから、今回、主演の照くんのすごさや、演技の経験が豊富な消防士役の皆さんを身近に感じながら脇を固めるような役をできたことは、すごく勉強になりましたね。

――具体的に岩本さんから学んだことがあれば教えてください。

浮所:照くんは視野が広いんですよね。常に340度くらい見えてるんじゃないかと思うくらい、現場でのキャストやスタッフへの心遣いがすごいんですよ。その視線がすごく温かくて、包み込んでくれるような雰囲気を出していらっしゃったので、お兄ちゃんを飛び越えて、お父さんのような心強さを感じました。

――グループで活躍している浮所さんにとって、映画に出演することはどう影響しそうでしょうか?

浮所:ジャニーズJr.で映画やドラマに出演することが珍しい時期もあったことを考えると、今こうして呼んでいただけるのはありがたいなと思っています。

エンドロールに浮所⾶貴(美 少年/ジャニーズJr.)と出ることで、美 少年について調べて、好きになってくれる人もいるかもしれないので、「僕も頑張らなきゃ」と思っていましたね。僕が頑張ることで美 少年に何か還元できたら嬉しいなと思います。

ずっと憧れで助けてくれるヒーロー「ジャニーズ」への思い


――昨年、美 少年の皆さんでドラマ『ザ・ハイスクール ヒーローズ』にも出演され、今回は消防士役。何かとヒーローに縁がある印象ですが、浮所さんにとってのヒーローとは?

浮所:やっぱりジャニーズがヒーローなんですよね。未だに先輩のコンサートを見学に行くと幸せに包まれるし、「明日から頑張ろう」と前向きな気持ちになれるので、精神的にも助けられているなと。

そんな風に思えるジャニーズの一員として、自分が今お仕事できて、誰かのことを気持ち的に助けられているならと思うと、本当に嬉しいです。

――誰かを助けられる仕事だと自覚したのは、いつ頃からだったのでしょうか?

浮所:入所するよりも前からかもしれませんね。僕は自分がめちゃくちゃジャニーズのファンなので、ジャニーズファンの気持ちがわかるというか……。だから、「こういうことをしたらファンの人が喜んでくれるかな」とか、夢を与えられたらなというのは、常に思っています。

――最後に改めて映画の見どころを教えてください。

浮所:ネタバレにならない程度にというと難しいのですが、映画の終盤のシーンでの僕のセリフを聞いて、Snow Manの佐久間(大介)くん、阿部(亮平)くん、目黒(蓮)くん、(渡辺)翔太くん、深澤(辰哉)くんが「泣けた!」と言ってくれました。そこのシーンは、映画全編を通して成長した姿を見せられたらなと思って演じたので、ぜひ注目してほしいです。

あとは、ガタイの良い浮所を見られます!お楽しみに!

(取材・文=於ありさ)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 『モエカレはオレンジ色』作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録