国内ドラマ

REGULAR

2023年05月22日

「どうする家康」第19話:笑って済まされない? 家康のお手付き問題

「どうする家康」第19話:笑って済まされない? 家康のお手付き問題


2023年1月8日放送スタートしたNHK大河ドラマ「どうする家康」。

古沢良太が脚本を手がける本作は、弱小国の主として生まれた徳川家康が乱世を生きる姿を描いた波乱万丈エンターテイメント。大河ドラマ初主演となる松本潤が従来のイメージとは異なる「ナイーブで頼りないプリンス」の家康に扮する。

本記事では、第19話をCINEMAS+のドラマライターが紐解いていく。

▶︎「どうする家康」画像を全て見る

「どうする家康」をU-NEXTで見る

「どうする家康」第19話レビュー

武田信玄(阿部寛)が死んだ。
息子・勝頼(眞栄田郷敦)は残された思いを成し遂げるというが、信玄は首を横に振る。

「そなたの世を作れ。そなたの器量は儂を遥かにしのぐ」
「そなたは儂の全てを注ぎ込んだ至高の逸材じゃ」

信玄にこう言わせる勝頼、すごい。と視聴者に自然に思わせる信玄もすごい。武田家おそるべし。

信玄は、「3年の間、我が死を秘するべし」と言い残すがなかなか難しい。
それぞれが動向を探り合っているわけだし、当然だろう。
ここからまた新たな動きが始まる。

武田の戦いは家康(松本潤)に強い衝撃を残した。
これから、家康は武将としてさらに強くなっていくのか……と神妙な顔でなりゆきを見守っているとサブタイトルに「お手付きしてどうする!」の文字が踊る。

そう、家康、お手付きをする。相手は、侍女のお万(松井玲奈)。
風呂で背中を流してくれくるお万。慎ましく、家康の心を癒すように褒め、持ち上げる。そして色っぽい。
家康も当然、悪い気はしない。
おまけに、武田とのぎりぎりの戦いを終えたばかりだ。癒しが欲しい。

それでも、家康は耐えた。手を出してはならぬ、と。ただ、お万は粘り強かった。たぶん、よく耐えたほうである。

お万は家康の子どもを身ごもる。
その事実を伝えに来た服部半蔵(山田孝之)は愉快そうだ。
家康としてはこれを良いこととしたい。「まずいことではないよな」というが半蔵は「まずいことではないということではないでしょう」と笑いをこらえながら言う。
子が生まれるのはめでたい。しかし、正室である瀬名(有村架純)の与り知らぬところでのこととなると……。

時を同じくして、瀬名が浜松城に来ることになる。
喜ぶ家康だが、頭を過ったのはお万のこと。
歯切れの悪さに石川数正(松重豊)と浅井忠次(大森南朋)はすぐに気がつく。
家康はごまかすが、「言うなら今ですぞ」と数正、「楽になりなされ」と忠次。
そして真実を伝えたところで笑って済まされるはずがない。瀬名にも「仔細もれなく申し上げます!」

あっという間に城内にも広まる。
ポップに描かれているが、なかなかの大問題である。

そして、やってきた瀬名は激怒。
が、その怒りは思いかけず、お万によって抑えられる。
周りの者から迂闊だと言われてかわいがられているが、本当は頭の良い女性だ。
家康の心を掴み、子を成し、戦で燃えてなくなってしまった実家を立て直したい。
家康は利用されただけなのだ。

お万は言う。
男は戦で欲しいものを手に入れる。女は癒し、安らぎを与えることで、手に入れる。政も女がやればいいのに、と。この言葉が瀬名にはどのように響いたのか。
そして次回、不穏さしか感じない。

一方で、歴史は大きく動いている。織田信長(岡田准一)は信玄と通じていた足利義昭(古田新太)を追放。足利の世が終わった。

そして、浅井が滅んだ。お市(北川景子)は生きていたが、秀吉(ムロツヨシ)に敵意むき出しの視線を向ける。
お市に触れようとする秀吉の手を払いのけるお市。
そしてその手は幼い娘の茶々に伸び、抱き上げる。一瞬のシーンなのに、なんかこう……ゾワッとする。

歴史の流れで考えると、秀吉の出番は増えてくるのだろうが……どんな薄気味悪さをこれから見せていくのか、気になる。


(文:ふくだりょうこ)

「どうする家康」をU-NEXTで見る


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

(C)NHK

RANKING

SPONSORD

PICK UP!