2020年も恐怖が熱い!マニアックJホラー映画5選

メジャーからマイナーまで、描かれる題材も心霊ものからゾンビ、殺人鬼などなどいつの時代も変わらぬ人気を誇るホラー映画のジャンルですが、2020年の日本もさっそく1月10日より『シライサン』、2月には『犬鳴村』などの新作がお目見えとなります。

そこで今回は、貞子や加耶子といった誰もが知るキャラクターが登場するメジャー路線とは一味異なるものの、見逃すには惜しい異色かつマニアックなJホラー映画の最近作をいくつか集めてみました!

批判を絶賛に変えた萌えと恐怖の
秀逸な融合『がっこうぐらし!』

がっこうぐらし!

映画『がっこうぐらし!』は『まんがタイムきららフォワード』にて連載中の海法紀光・原作、千葉サドル・作画による同名コミックの実写映画化です。

先にTVアニメ化もされているこの作品、その絵柄だけ見ると完全に萌え系美少女ものなのですが……実はすさまじいホラー映画。

もっとも原作やTVアニメ版では冒頭なかなか恐怖の基本設定を提示せず、いわゆるネタバレ厳禁的な作りを貫き、それが大いに功を奏したことから、一般映画としてある程度の内容を事前に告知せざるを得なかった本作は公開前から原作&アニメファンから激しいバッシングを受けましたが、いざ完成したものがお披露目されたら一転して絶賛に転じるという逆転現象も起こりました。

というわけで、こちらもここから基本設定をネタバレさせていただくので、これ以上の予備知識を入れたくないという方は次の項目へスキップしてくださいませ……(作品の質は大いに保証! と断言はしておきます)。

実はこの作品、ある日突然ゾンビが高校に襲来し、友人らが次々と餌食になっていく中、かろうじてゾンビ化を免れた女子生徒たちが校舎内にバリケードを作って立てこもり、サバイバル生活を強いられていくというもの。

校舎の外はゾンビの群れで郊外に出るのも容易ではなく(おそらくは町中、いや日本中がゾンビの惨禍に遭っているかと思われ)、少女たちは助けを待ちつつ緊迫した想いを払拭すべく(しかも、ひとりは惨劇のショックで幼児退行を起こしている)、“学園生活部”なる部活動をきどりながら、一見ほのぼのとした日々を過ごすべく腐心していきます。

あたかもホラー版『けいおん!』とでもいった萌えと恐怖の融合は、好きだった男の子がゾンビ化してしまう悲劇性や、さらには彼女らと行動を共にする保健の先生(原作は国語教師でしたが映画化に際しての上手い改変)めぐねえとの交流などとも相まって、不可思議な青春ダーク・ファンタジー映画としての様相も呈しつつ、やがて意外なクライマックスへと進展!

主演の少女4人には阿部菜々実、長月翠、間島和奏、清原梨央と“ラストアイドル”のメンバーが扮し、それぞれ好演。また特筆すべきはめぐねえ役のおのののかで、正直びっくりするほどの存在感を披露し、大いに好印象をもたらしてくれます。

監督はプロデューサーや脚本家としても活躍し、『リアル鬼ごっこ』(08)などディストピア系ホラーにこだわりを示し続ける柴田一成ですが、本作における公開前からの批判を絶賛に一転させた手腕は高く評価すべきでしょう。

映画の配信情報をチェック!
                  

ライタープロフィール

増當竜也

増當竜也

増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

ピックアップ

新着記事

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com