タランティーノも愛した和製SFホラー『吸血鬼ゴケミドロ』

(C)1968 松竹株式会社

日本時間の2020年2月10日(月)に第92回アカデミー賞授賞式が開催されます。

今年度の本命は『ジョーカー』で、対抗馬として『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が挙げられますが、アカデミー賞の行方を占うとされる英国アカデミー賞では『1917 命をかけた伝令』が作品賞など7部門を制覇したり、また『パラサイト 半地下の家族』が韓国映画として初めて作品賞候補に上るなど、意外や意外な結果になる可能性も大であります。

さて、今回の《金曜映画ナビ》は『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のクエンティン・タランティーノ監督がこよなく愛する日本のSFホラー映画『吸血鬼ゴケミドロ』(68)をご紹介したいと思います。

映画マニアのタランティーノ監督は当然日本映画への造詣も深いものがありますが、かつて自作『キル・ビルVol.1』にも本作へのオマージュを込めたショットを構築するなど、その偏愛ぶりもハンパではありません。

では、そんな『吸血鬼ゴケミドロ』とは一体どんな内容なのか……?

宇宙生命体ゴケミドロによる
地球侵略の恐怖

羽田空港から飛び立った小型旅客機が伊丹空港へ向かう中、ブリタニア大使を暗殺して逃亡中のテロリスト寺岡(高英夫)にハイジャックされ、進路を沖縄に変更するよう要求されます。

しかしその直後、旅客機はまばゆい光を放つ謎の飛行物体と遭遇し、見知らぬ山中に不時着……。

生き残ったのは副操縦士の杉坂(吉田輝雄)やスチュワーデスの朝倉(佐藤友美)、科学者の佐賀(高橋昌也)そして寺岡など10名。

まもなくして寺岡は皆を脅し、その場から逃走しますが、岩陰でオレンジ色に輝くUFOを発見し、その光に操られるかのように中へ入っていきます。

やがて寺岡の額がぱっくりと裂け、その中にアメーバ状の宇宙生物ゴケミドロが侵入……。

血液を常食とし、食料源を求めて地球に飛来してきたゴケミドロは、寺岡の肉体を借りて生存者を次々と襲い始めていくのですが……。

映画の配信情報をチェック!
                  

ライタープロフィール

増當竜也

増當竜也

増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

ピックアップ

新着記事

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com