『初恋』窪田正孝のナイーヴな魅力をとくと堪能できる『東京喰種トーキョーグール』

(C)2020「初恋」製作委員会 

2020年2月28日から劇場公開されている三池崇史監督の最新作『初恋』は、そのタイトルから醸し出されるイメージとは裏腹のクレイジーなヴァイオレンス映画です(でも、ちゃんと“LOVE”はあります)。

クセモノまみれのキャスト陣を相手取って主演を張るのが窪田正孝。

三池監督は2008年のTVドラマ『ケータイ捜査官7』の主演に窪田を起用した際、「10年後に窪田を選んだ理由がわかる」と宣言。彼もまたその言葉を励みに、10年の月日を待たずして俳優として大きくブレイクしました。

今回は、三池監督の予言からおよそ9年後の2017年に窪田正孝が主演した『東京喰種 トーキョーグール』に注目してみましょう!

半人半喰種と化した
若者の苦悩と闘い

映画『東京喰種 トーキョーグール』は石田スイの人気コミックを原作にしたダーク・ファンタジー&ヴァイオレンス作品です。

東京喰種 トーキョーグール 新メイン

 (C)2017「東京喰種」製作委員会

舞台は人間を食料とする怪人・喰種(グール)が蔓延し、社会の闇に紛れ込んでいるトーキョーの街20区。

大学生のカネキ(窪田正孝)は、憧れていた女性リゼ(蒼井優)をグールと知らずにデートし、そこで彼女に襲われて瀕死の重傷を負いますが、その手術の際、先に死亡した彼女の臓器を移植されてしまったことで、半グールと化してしまいます。

人間でありながら人肉以外の食物を受け付けられなくなってしまったカネキは、彷徨の果てに喫茶店“あんていく”の店長ヨシムラ(村井國夫)と従業員トーカ(清水富美加)に助けられ、そこで働くことに。

“あんていく”は何とか人を殺めることなく人肉を入手しながら、己の素性を隠して人間との共存を望もうとする、平和的思考のグールたちの溜まり場でもありました。

しかし、異様なまでの執念でグールの駆逐を目指す喰種対策局(CCG)のアモン(大泉洋)が20区に現れたことで、あんていくに集うグールたちに危機が迫っていきます……。

映画の配信情報をチェック!
                  

ライタープロフィール

増當竜也

増當竜也

増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

ピックアップ

新着記事

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com