レディー・ガガ主演『アリー/ スター誕生』圧巻の歌声で心揺さぶる日本版予告が完成!

© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

ブラッドリー・クーパーの初監督作であり、レディー・ガガが映画初主演を務める『アリー/ スター誕生』が2018年12月21日(金)に公開される。この度、本作の物語と主人公アリーのキャラクターが明らかになる日本版予告と、ティザービジュアルが完成した。

歌の才能を見出され、スターの階段を駆け上がっていくアリーの栄光と葛藤、愛を描く本作。主人公であり、歌手を夢見るウェイトレスのアリー(レディー・ガガ)は、音楽業界でスターになる夢を密かに見ながらも、自分の才能に自信もなく、周りからは容姿も否定され、小さなバーで細々と歌手を続けていた。しかしそんな彼女はある日、世界的ロックスターのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)にその才能を見出される。彼と出会い、等身大の自分のままで“飛び込んでいく”決意をしたアリーがショービジネスの世界で感じる“喜び” と“苦悩”。特報では、さまざまな感情をレディー・ガガが魂を込めて演じる姿が圧倒的な歌声と共に映し出され、心揺さぶられる映像となっている。

© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

巨匠クリント・イーストウッドが映画化を熱望した『スター誕生』。その想いを受け継いだのは、彼の元で『アメリカン・スナイパー』の製作・主演を務め、確かな信頼を得たブラッドリー・クーパー監督。主演に迎えたレディー・ガガは、圧倒的な音楽の才能がありながらも、学生時代は容姿にコンプレックスを抱えていたという過去を持ち、ソングライターとして楽曲提供を続けながら、生計を立てるためにクラブのダンサーとして働くなど、努力の末にスターダムを駆け上がった経験の持ち主。まさにヒロインのアリーのドラマチックな人生を経験してきた彼女だからこそ、アリーがいかにしてスターになるのかをノーメイクのような出で立ちでリアリティを持って体当たりで熱演する。また、ドラマと共に生まれる数々の曲は本作オリジナルの書き下ろし。自分の容姿と才能に自信がなかったアリーが、戸惑いながらも一歩踏み出してステージでメイン楽曲「SHALLOW」(原題)を披露するシーンは、“ありのままの自分に自信を持つ”という力強いメッセージを込めた名曲を生み出してきたレディー・ガガの魂の歌声が観る者に深い感動を呼び起こす。

ベネチア国際映画祭、トロント国際映画祭と名だたる映画祭への出品が続々と決定している本作。全米映画サイトなどでは、早くもアカデミー賞最有力候補作品との呼び声が高まっている。

映画『アリー/ スター誕生』は、2018年12月21日(金)より全国ロードショー。

関連記事

「アメリカン・ハッスル」の「とりあえずファッ◯しよう」は全然論理的じゃなくて爆笑
B・クーパーのセクシーで危険なシェフ姿『二ツ星の料理人』予告映像

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com