井浦新と瑛太が古びたアパートで狂気の宅飲み。『光』メイキング写真も独占公開

11月25日(土)から全国公開中の映画『光』から、シネマズby松竹独占で場面写真とメイキング写真が到着した。

このニュースのポイント

・シネマズby松竹独占で『光』場面写真とメイキング写真が到着
・解禁された写真には、井浦新と瑛太の緊張感あるカットが映し出されている

『光』についての記事を読む

三浦しをん原作・大森立嗣監督、井浦新主演による映画『光』。『舟を編む』で本屋大賞を受賞した三浦しをんの作品群で、徹底的に人間の闇を描き、ファンの中で特別な評価を得ている一作『光』が、『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督の手によりついに映画化。

かねてからの競演を望んでいた井浦新と瑛太の狂気と怪物性、そして長谷川京子、橋本マナミの色気と母性がスクリーンに吸い込まれるような熱情を放ち、苛烈なる人間ドラマが誕生した。

映画を鑑賞し、「すごいものを観た…」「役者さんたちの演技がとてつもない」など、強烈なインパクトを与えていることが話題の本作。今回、その演技力に改めて注目が集まっている、主人公の信之を演じた井浦新さんと、輔を演じた瑛太さんの場面写真とメイキング写真が解禁となった。

解禁となった場面写真は、瑛太さん演じる輔が暮らす古いアパートでのシーンを切り取ったもの。映画の終盤、井浦新さん演じる信之がそのアパートを訪れ、2人で晩酌。少年時代の話をしているにも関わらず、楽しい朗らかな雰囲気は一切なく、どこか狂気じみた表情…。この後起きる衝撃の悲劇を予感させる、不穏な空気漂う場面写真となっている。

また、このアパートで撮影された、井浦さんと瑛太さんのメイキングカットも今回初めて公開。鬼気迫る表情で向き合う井浦さんと瑛太さんを、大森立嗣監督がすぐ側で2人の演技を見つめ、現場の緊張感の高さを感じさせる。

公開から3週間経った現在も、その衝撃度から多くの映画ファンを刺激している本作に注目を。

『光』のあらすじ

25年前の殺人事件が、4人の狂気を呼び覚ます。僕たちは、人間のふりをして生きているー。
東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心に回っていた。

ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を救うために男を殺す。その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。

それから25年後、島をでてバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる―。妻子とともによき父として暮らしている信之と、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花。誰からも愛されずに育った輔が過去の秘密を携え、ふたりの前にやってくるのだった。

公式サイト:http://hi-ka-ri.com/

(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会 

『光』についての記事を読む

関連記事

橋本マナミ、映画『光』の“凄まじさ”について語る
「光」大森立嗣監督インタビュー「俳優には勝手に解釈してもらって自由に演じてほしい」
大森立嗣監督『光』の魅力はこれだ!タイトルの意味や原作小説からの改変を徹底解説!
井浦新、瑛太の狂気と怪物性。長谷川京子、橋本マナミの色気と母性。
三浦しをん『光』実写化!音楽はジェフ・ミルズ

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com