『天気の子』が首位譲らず!興収116億円突破!【映画ランキング】

先週末(2019年8月31日〜9月1日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(→)『天気の子』

2位(→)『ライオン・キング』

3位(→)『劇場版おっさんずラブ -LOVE or DEAD-』

4位(→)『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』

5位(NEW)『引っ越し大名!』

6位(NEW)『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

7位(↓)『トイ・ストーリー4』

8位(NEW)『映画 この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説』

9位(↓)『ロケットマン』

10位(↓)『二ノ国』

©2019「天気の子」製作委員会

今週の映画動員ランキングは、1位から4位までが先週とまったく同じという結果となった。

『天気の子』(東宝)は、土日2日間で動員34万7000人、興収4億1700万円をあげ2週連続の首位。9月1日(日)が映画サービスデーということもあり、前週対比で動員は113.7%、興収は99.1%という勢いだ。累計では動員875万人、興収116億円を突破し、歴代興収ランキングで「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を抜き23位まで順位を上げている。

2位も土日2日間で動員26万4000人、興収3億4400万円をあげた『ライオン・キング』(ディズニー)がキープ。累計では間もなく動員390万人、興収55億円に届く。

先週3位でスタートをきった『劇場版おっさんずラブ -LOVE or DEAD-』(東宝)は、土日2日間で動員20万5000人、興収2億5900万円をあげその順位をキープ。累計では動員92万人、興収12億円を突破している。4位も先週と同じ『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』(東映)。土日2日間で動員20万人、興収2億5200万円をあげ、累計は動員358万人、興収47億円を突破した。

「超高速!参勤交代」シリーズで、これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓し、大ヒットを収めた土橋章宏の時代小説「引っ越し大名三千里」を実写映画化した『引っ越し大名!』(松竹)は、土日2日間で19万9000人、興収2億3800万円をあげ5位に初登場。

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演が話題の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(ソニー)は、土日2日間で動員17万人、興収2億2600万円をあげ6位にランクイン。

ほか新作では、シリーズ累計850万部を突破する人気ライトノベルをアニメ映画化した『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』(角川ANIMATION)が8位でスタートを切っている。

他のニュース記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com