予告編にはマルコム博士も!『ジュラシック・ワールド/炎の王国』7月日本公開決定!

© Universal Pictures

『ジュラシック』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、シリーズ最新作『JURASSIC WORLD: FALLEN KINGDOM』(原題)が、邦題『ジュラシック・ワールド/炎の王国』として2018年7月13日(金)に日本公開する事が決定した。

このニュースのポイント

・『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が7月13日(金)に日本公開決定

・イスラ・ヌブラル島で火山の大噴火が起こる中生き残りをかけるストーリー

・クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードら主要キャストが続投

他のニュース記事も読む

“恐竜”に 巨匠・スティーヴン・スピルバーグが命をふきこみ、かつて誰も観た事がなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』シリーズ。

2015 年に『ジュラシック・ワールド』として新たにスクリーンに登場すると、全世界のトータル興行収入は16億7000万ドルを突破、日本でも2015年度公開映画の年間興行収入1位となる興収95億円というメガ・ヒットを記録した。

最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の概要は以下の通りだ。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』概要

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。

そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、行動を起こす事を決意、島へ向かったその矢先に火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが遂に幕を開けることになる。

© Universal Pictures

前作に引き続き主要キャストは、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、<ジュラシック・ワールド>の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワードが続投。

監督は『怪物はささやく』で素晴らしい手腕を発揮したJ・A・バヨナが抜擢され、前作の監督であり本作では製作総指揮・脚本を務めるコリン・トレボロウ、そしてトレボロウと共に製作総指揮を務めるスティーヴン・スピルバーグが作品を更に進化させている。

予告編とクリス・プラットからのメッセージが到着

今回予告編も解禁され、ファンから絶大な人気を誇る、ジェフ・ゴールドブラム演じるあの伝説のキャラクター“マルコム博士”が遂にカムバックしたことが明らかになった。どのような重要な役割を担うのか、今から要注目だ。

そして前作でオーウェンと心を通わせる恐竜として登場し、世界中から「萌えキャラ恐竜」として大人気を博したヴェロキラプトルの“ブルー”や、シリーズの絶対王者である T-REX をはじめ、本作に登場する恐竜たちはなんとシリーズ至上最多の数となり、前作には登場しなかった恐竜たちも多数登場するなど見どころ満載です。

さらにプラットから日本のファンに向けてのメッセージ映像も到着した。

ムビチケの販売もスタート!

また12月12日(火)AM9:00 よりムビチケオンライン券が発売スタート。

先着2500個限定で「シリーズ25周年記念特製ピンバッジ」が特典として付いてくる。
https://mvtk.jp/campaign/jw?news=171212
※特典はなくなり次第終了

さらに、2018年3月には特製オリジナル恐竜フィギュア付きムビチケカード(一般・小人)の発売も予定。

全てにおいて前作をはるかに超える大迫力の映像世界でフルスケールアップ!恐竜たちがかつてない程凶暴に、そして縦横無尽に暴れ回る<究極の進化を遂げたジュラシック体験>、シリーズ待望の最新作に期待が高まる。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com