『ミッドナイト・サン 〜タイヨウのうた〜』よりディズニーチャンネル出身女優ベラ・ソーンが熱唱する日本版予告が解禁!

© 2017 MIDNIGHT SUN LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

5月11日(金)全国公開の映画『ミッドナイト・サン 〜タイヨウのうた〜』(配給:パルコ)。主演の一人、ディズニーチャンネル出身のベラ・ソーンが歌う主題歌つきの日本版予告が解禁となった。

2006年に公開されたYUI主演の大ヒット作『タイヨウのうた』が、ハリウッドで新たなラブストーリーとして生まれ変わった。

この度到着した予告編では、ケイティ(ベラ・ソーン)がギターを演奏するシーンからスタートする。XP(Xeroderma Pigmentosum=色素性乾皮症)という病気と向き合いながら生活を送る彼女の唯一の楽しみはギターを弾くこと。日が落ちた夜にだけ外の世界に行くことが出来る。ある日ケイティは駅のホームでいつものように弾き語りを始めると、目の前に密かに片思いをしていたチャーリー(パトリック・シュワルツェネッガー)が。そんなチャーリーに声をかけられ、デートのお誘いまで…。驚きを隠せないケイティだったが、急速に惹かれあい恋に落ちる。しかし、2人が会えるのは日が沈んだ夜だけ。そんな日々のなかでケイティはチャーリーに自分の病気を打ち明けられずにいた。ケイティの父親ジャック(ロブ・リグル)の心配をよそにいつものようにデートをしていた2人。そんな2人の仲を突如引き裂くタイヨウ。ケイティの病気を知ったチャーリーだったが、彼女と一緒に歩んでいくことを決意する。

本予告編にはファン大絶叫の2人のキスシーンや下着姿、夜のデートシーンも公開。そしてケイティ役ベラ・ソーンが歌う本作の主題歌「Burn So Bright」も公開されている。

「音楽はこの映画の最重要な側面の1つだよ」とスコット・スピアー監督が言うように、本編では本作のために作られたオリジナル曲が物語を盛り上げる。ベラの歌声は共演者からも大絶賛で、父親役のロブ・リグルは「ベラは素晴らしい。とてもきれいな声だ。聞いたら心をつかまれるよ」と語る。

そんな見事な歌唱力を披露しているベラ自身はというと「正直に言うと、この映画で歌うことに最初は戸惑ったわ。スタジオに入ったときはすごく緊張した。でもスコットとプロデューサーたちが和ませてくれたの」と周囲の支えがあって挑戦できたことを告白。さらに「彼女の歌でアルバムを作れば、彼女の人生がわかる」と語るほど、劇中で度々登場する歌唱シーンは日本オリジナル版同様に重要であること間違いなしだ。物語だけではなく、音楽にも期待が集まる感動作にぜひ注目してほしい。

ストーリー概要

17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第に二人は恋に落ちていく。

関連記事

コメディ俳優に泣かされる!『ミッドナイト・サン 〜タイヨウのうた〜 』ロブ・リグルの場面写真&エピソード解禁!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com