斎藤工&遠藤新菜の剥き出しな濡れ場も解禁―映画『無伴奏』本予告

直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司監督が完全映画化する映画『無伴奏』の本予告が解禁となった。

若者たちの時代と恋愛に翻弄される姿を映し出す『無伴奏』

無伴奏 矢崎仁司監督 映画 成海璃子

1969年。日本中で学生たちが学生運動を起こす混沌とした時代に仙台の高校に通う多感な女子高校生の響子(成海璃子)。同級生のレイコやジュリーとともに、時代に流されて制服廃止闘争委員会を結成し、学園紛争を行っていた。レイコに連れられ、初めてクラシック音楽の流れる喫茶店「無伴奏」へ足を運ぶ響子。そこで偶然にも渉(池松壮亮)、祐之介(斎藤工)、エマ(遠藤新菜)と出会う。響子は、席が隣り合わせになったそんな渉に興味を抱く。ある日、大学での集会で怪我をして自分の甘さを痛感し、学生運動から離れた響子は、逃げ込んだ「無伴奏」で、渉たちと再会する。響子は、渉に逢うたびに強く惹かれていった。時に嫉妬や不安に駆られ、それでも熱い想いを渉に傾けていく。だが、いつしか見えない糸が絡み始め、どうすることもできない衝撃に包まれていく――

無伴奏 矢崎仁司監督 映画 成海璃子 池松壮亮

映画『無伴奏』は直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司監督が完全映画化した作品。学生運動が盛んだった時代に多感な青春時代を過ごす1人の女子高校生を中心に、男女の悲喜こもごもな恋愛模様と時代の潮流を映し出す青春物語だ。

主人公の響子を成海璃子が演じ、響子が想いを傾ける渉役を池松壮亮、渉の親友・祐之介を斎藤工、さらに祐之介の恋人・エマをnon-noモデルの遠藤新菜と、注目の若手が集結し当時の若者達の恋愛模様を描く。

無伴奏 矢崎仁司監督 映画 斎藤工

このたび公開された本予告では、エマ役の遠藤新菜の映像が初解禁となった。本作が初脱ぎとなった遠藤新菜は、斎藤工が演じる祐之介との若さを剥き出しにした大胆な濡れ場を演じており、その一部が本予告にもおさめられている。

また今回の予告解禁に併せて、斎藤工と遠藤新菜からのコメントもシネマズに到着した。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com