松山ケンイチ、35年前の続編は奇跡―松山映画祭、舞台挨拶で熱弁

の・ようなもの のようなもの 松山映画祭 舞台挨拶
写真左より杉山泰一監督、松山ケンイチ、三沢和子プロデューサー

現在開催中の松山映画祭にて本作の上映が行われ、会場となった愛媛・シネマサンシャイン衣山に、主演の松山ケンイチ、杉山泰一監督、さらにデビュー当時から森田芳光監督とタッグを組んできた三沢和子プロデューサーが、この日できたばかりのお揃いの法被を着て舞台挨拶に登壇した。

杉山泰一監監督は「監督への恩返しの想いをこめ、本作を撮りました。キャストもスタッフもみんな同じ想いをもって関わってくれました。そう言いながらも、前作を観ていないひとでも十分に楽しめる作品になっておりますので、今日は楽しんで下さい」と挨拶。

三沢和プロデューサーは「とにかく森田は松山が大好きで、映画のキャンペーンがあればなにがあっても 大阪に行かなくても、松山には来るほど、毎回お邪魔しておりました。電車が好きなものですから、みかん電車も大好きで、そんなわけで松山が大大大好きな森田なんです。一般の試写会は(TIFFを除いて)一切していないので、最初に観て頂けるのが松山の皆さまということが、多分森田本人もすごく喜んでいると思います」と、森田芳光監督と松山市のエピソードを交えつつ、会場の笑いを誘った

松山ケンイチは「落語家の青春映画という感じで、すごく見やすいと思うし、いろんな方に好かれる作品。この映画を観終わったあとにぜひ『の・ようなもの』を観てほしいと思ってます。いかに35年という月日が長かったのか、伊藤克信さんを観て感じていただきたい(笑)35年前の続編ができることって、奇跡なんです!」と熱弁。

森田芳光監督が亡き後、キャスト、スタッフが酒の席で、皆で映画撮りたいと、タイトルが先に浮かんでスタートしたという本作。三沢和子プロデューサーは「いろいろこねくり回して考えたものじゃなくて、みんなの気持ちでできたもの。」と語る。前向きに生きていこう、と想いのつまった温かみのある作品となっている。

映画『の・ようなもの のようなもの』は、2016年1月16日(土)より、新宿ピカデリーほか新春ロードショー。

(C)2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会

関連リンク

『の・ようなもの のようなもの』ノベライズ本が11月25日に発売決定!
銭湯で体ぽかぽか×川柳で心ぽかぽか?『の・ようなもの のようなもの』キャンペーン
『の・ようなもの のようなもの』 ワールドプレミア舞台挨拶
「ちょっくら映画館に行ってきました。」~第1回:アミューあつぎ映画.comシネマ~

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com