『ROOM』第73回ゴールデン・グローブ賞主要部門を3ノミネート

ミニシアター作品ながらトロント国際映画祭にて観客賞を受賞した話題作、『ROOM』が、2015年12月10日に発表された(木)に発表された第73回ゴールデン・グローブ賞で作品賞(ドラマ部門)、賞、主演女優賞(ドラマ部門):ブリー・ラーソン、脚本賞:エマ・ドナヒューの全3部門にノミネートされた。
ROOMメイン

【STORY】
扉が開くことのないその〈部屋〉は、母と子ふたりだけの完璧な楽園だった――。
突然の監禁から7年の時が経ち、母は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人生を取り戻すために、何より〔部屋〕しか知らない息子に、外の世界をみせるために―― 。
衝撃に胸をつかれ、〔生きる〕輝きに嗚咽が漏れる、世紀の感動作。

2016年1月10日に発表を控えるアカデミー賞での受賞も期待が高まっている。

『ROOM』は2016年4月全国ロードショー!
(C)ElementPictures/RoomProductionsInc/ChannelFourTelevisionCorporation2015

関連記事

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』ゴールデングローブ賞3部門ノミネート
タランティーノ、3度目の栄冠なるか?ゴールデン・グローブ賞3部門ノミネート
ロス映画批評家協会賞の助演男優賞に『ドリーム ホーム』マイケル・シャノン
見る者の人生観まで大きく変えること必至の 正月映画『独裁者と小さな孫』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com