「竜の道」第3話の見どころとあらすじ|仇の娘を巡って争奪バトル勃発

玉木宏と高橋一生の初共演にして、整形双子役が話題のドラマ「竜の道」。家族を奪った大企業に双子の兄弟が立ち向かう復讐サスペンスの第3話が8月11日に放送される。

今回の見どころは、仇の娘・まゆみ(松本まりか)を巡って見合い相手と竜二(高橋一生)の争奪バトルが勃発。さらに、そのまゆみがじわじわと本領を発揮…となっている。

竜の道 第3話 あらすじ

源平(遠藤憲一)の息子である晃(細田善彦)の信頼を勝ち取り、計画通りキリシマ急便の経営コンサルタントの座についた竜一(玉木宏)。一方の竜二(高橋一生)は、源平が娘のまゆみ(松本まりか)の婿養子として、有力政治家を父に持つ同じ国交省の三栗谷仁志(尾上寛之)を迎え入れ、晃に代わる後継者にしようとしていることを知り、まゆみへ積極的にアプローチをかけ始める。

そんな中、竜二は大臣が絡む重要なプレゼン案件を任される。復讐のために出世を狙う竜二は精力的に取り組むが、なぜか不可解なトラブルが続発。そんな竜二の元を三栗谷が訪ねてきて…。

一方、美佐(松本穂香)は、SNS上での生徒のトラブルについて相談するため、“和田猛(竜一)”の会社を訪れる。

【番組公式サイト】
火9ドラマ 玉木宏主演『竜の道 二つの顔の復讐者』| カンテレ

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com