堤幸彦:正しいやり方ではないが…映画『天空の蜂』完成報告会見・書き起し

MC:仲間さんは「トリック」シリーズから15年に渡って監督とご一緒されています。今回は全く違う役どころで、事件解決の鍵を握る重要な人物を演じられましたが、役作りにあたって、監督とはどんなお話をされたのでしょうか?

仲間さん:地味で影のある女性なので、台本を読みながら監督と役作りをしました。本木さん演じる三島との、ホテルのシーンは演出がとても大人の雰囲気で素敵です。トリックのような陽気さはないですが…(笑)このような役を演じさせていただき光栄です。

MC:綾野さんは今回が初めての堤組となりましたが、堤監督とご一緒されての印象や、また巨大ヘリを奪う“テロの実行犯”という難しい役どころを演じられてみて、いかがでしたでしょうか?

綾野さん:念願でしたから、最高の現場でした。パワー以上に、俳優への信頼だったり、ただのライブ感ではなく、人と人を繋ぎ、記憶を記録していく演出が素晴らしかったです。

堤監督:普段、こんなに人前で褒められることがなくてドキドキしていますが、少ししか出演シーンがない中で、ステレオタイプの犯人ではなく、表現や発露を綾野さんは瞬発的な力で、凝縮して、出しきってくれました。読み取ろうとする姿を見ることができて、幸せでしたし、いい時間を過ごすことができました。

天空の蜂 江口洋介 本木雅弘

MC:こういう作品を今、送り出す意味とはどうお考えでしょうか?

江口さん:時代を感じる作品にしたいと思いました。嘘の中にある真実など、様々な内容が詰まっていますが、このように形になったのは嬉しいです。

本木さん:この作品で語られていることは、地球で生きていく上で、非常に大切なことだと思いました。大人は小説や本で知ることができますが、未来を担う子供たちに伝えるためにこの作品は最適だと思います。
ある種の怪獣映画と、少年少女が観て、その裏にあるテーマを知ることができたらと、ぜひ子供たちにも観て欲しい作品です。

仲間さん:私自身も仮面をかぶった一人だったのではないかと感じました。これから先、生きていくために重大なテーマです。たくさんの人々に観ていただければと思います。

綾野さん:僕は肯定か、否定かではなく、『天空の蜂』を生きて、生活していく中で大切なことを感じました。自分自身がどう生活していくのか、人が人であるために、本質的に向き合いたいと、単純かもしれないけど、こういった場で人々に向き合うことを大切にしていきたいです。改めて、この作品に参加できて心から誇りに思っています。

監督:“蜂に刺される”ってなんだろうと…人間というのは、社会、家族、地域だったり、集団の中で過ごすと何も考えず、考えることを放棄してしまう。
そのことに対して、この犯人は警告をしています。正しいやり方ではないが、皆さんもどう感じるか、ご覧になった頂きたいです。

映画『天空の蜂』は2015年9月12日より全国ロードショー。

(C)2015「天空の蜂」製作委員会

関連リンク

江口洋介×本木雅弘”初”共演の話題作・映画『天空の蜂』特報映像公開!
仲間由紀恵、そして堤組”初”綾野剛も!映画『天空の蜂』豪華出演者発表
堤幸彦監督最新作『天空の蜂』公開前にチェックしておきたい堤幸彦作品3選
ドローンの兵器利用を描く問題作『ドローン・オブ・ウォー』15年秋日本公開
前代未聞の大統領狩り?!『ビッグゲーム 大統領と少年ハンター』日本版予告解禁

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com