『翔んで埼玉』が公開3日間で3.3億突破の大ヒットスタート!

【大ヒットスタート】
『翔んで埼玉』

(C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

2月22日(金)公開映画『翔んで埼玉』(配給:東映、主演:二階堂ふみ・GACKT、監督:武内英樹)が興行収入3億3094万9400円(金〜日3日間累計)が、動員24万7968名の大ヒットスタートを記録。「ぴあ映画初日満足度調査」(2月23日ぴあ調べ)でも、93.5点の高得点で1位を獲得した。

また、都道府県興行収入シェアで東京をおさえ、3日間で最も多くの動員を獲得した劇場は「MOVIX さいたま」という結果に。埼玉県の興行収入としては、2000年以降に公開された東映の実写配給作品では、これまでの記録を保持していた、2005年『男たちの大和/YAMATO』(最終興収50.9億)の414.35%(公開3日間対比)という驚異的な数字を記録している。

映画『翔んで埼玉』は全国公開中。

他の記事も読む

関連記事

『翔んで埼玉』が本当にディスっているものとは?
映画化で原作の続編は完全に封じられた!?『翔んで埼玉』原作者・魔夜峰央先生インタビュー
「埼玉はいじるところしかない」益若つばさが地元愛を語る映画『翔んで埼玉』インタビュー
『あの日のオルガン』×『翔んで埼玉』2月22日(金)は埼玉ガチンコ対決!?
『翔んで埼玉』を埼玉の星・ご当地キャラのカパルが鑑賞「公開、全裸待機っ( ́ Θ ` )ノ」

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com