山下:喉がつぶれてもいいや―『劇場版 弱虫ペダル』舞台挨拶

2015年8月28日より公開となる『劇場版 弱虫ペダル』の完成披露試写会が、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで8月22日に行われ、主人公・小野田坂道役をつとめた山下大輝をはじめとしたキャスト陣が舞台挨拶に登壇した。

『弱虫ペダル』人気声優陣登壇の舞台挨拶

劇場版 弱虫ペダル くまモン

舞台挨拶冒頭、MCより今回初主演に関しての気持ちを聞かれ「本編のアニメを約2年間近くやらせていただいて、その時は劇場版になるなんて思ってなかったので、本当に弱虫ペダル1ファンとしてすごく嬉しかったです」と感無量であることを語った山下大輝。

巻島裕介役を演じた森久保祥太郎は、その山下大輝に関して「テレビシリーズが最終回を迎えたあと、久しぶりにオールキャストが集まったんですが、ちょっとね、成長しちゃってたんですよ。たくましくなってたんです」とコメント。

東堂尽八役の柿原徹也も「一番最初に(山下)大輝にあったのは数年前なんですけど、彼の姿を見ていると、僕自身が20代前半の時にはじめて主役をアニメーションで経験した時のその思い出がすごい蘇ってくる。自分が初めて主役を経験した作品が劇場版になるっていう、その思いがどうしても前のめりな気持ちで『良い芝居しよう』とか『みなさんにもっともっといい作品を観てもらおう』とか、その思いが久しぶりに会った時に感じられたんで、きっといい映画になるなって僕は思いました」と、山下大輝が本作にかける思いを間近で感じていたと語った。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事