『亜人』は綾野剛が全力で笑わせにかかる快作!ぶっ続きアクションと、原作からの見事な“省略”を見逃すな!

(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

現在公開中の『亜人』は、累計570万部超を誇る人気マンガの実写映画化作品にして、佐藤健という実力と人気を兼ね備えた俳優が主演を務めた話題作。観てみると、アクションに次ぐアクションのすさまじさ、エンターテインメント性の高さに圧倒される快作でした! 大きなネタバレのない範囲で、以下にその魅力を紹介します!

1:上映時間は109分!原作からの大胆な“省略”でエンタメに徹した映画になった!

(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

いきなりですが、原作マンガには(とても優れた作品であるという前提で)どうしても気になってしまうポイントがあります。それは「亜人という存在が、なぜそれほど迫害と差別をされないといけないのかが(少なくとも序盤は)わからない」ということです。

原作マンガにおいて、主人公は事故死してから生き返ったことで、不死身の亜人と認定され、懸賞金をかけられて、全国民から追われる身になります。ところが、この時点では、亜人が危険な存在であるという“前例”はほとんど示されておらず、その見た目も人間と変わらず、ましてやつい先日までは普通の人間として生活を送っていたので、ここまでの迫害と差別はさすがにあり得ないのではないか、という疑問がノイズになってしまっていました。

しかし、今回の映画ではその“国民の迫害と差別から逃げ続ける”一連のシーン(原作マンガの1巻にあたる)がほぼまるごとカット!それどころか、亜人という存在が“生体実験”で一方的に痛めつけられるという、これ以上ない迫害と差別、人権無視という意味でも最悪中の最悪の、凄惨なシーンから物語が始まるのです。

この原作マンガからの大胆なカットにより、“亜人への差別と迫害”は納得しづらいものではなく、一部の人間による理不尽で非人道的な行いとして認識できるようになります。同時に、それは“国家をひっくり返そうとする亜人のテロリストの狂気の理由”の説得力をも増すことになり、説明を極力減らし、上映時間を109分とタイトにまとめあげることにも成功している!

こうしたマンガの実写映画化作品は、2時間弱の映画に収めるためのエピソードの取捨選択が求められる一方、つくり手が原作への愛情に溢れすぎているがあまり、語り口が冗長になることもよくあります。しかし、今回の『亜人』ほどの大胆な省略はなかなか類を見ないのではないでしょうか。本作が観客を一時も退屈させない、エンターテインメントに徹した映画として成功しているのは、まず“原作からの大幅なカット”が理由にあるのです。

2:アクションがぶっ続き!日本が誇るアクション監督・大内貴仁がネクストステージに到達!

(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

本作で皆が口をそろえて言うであろうことは、アクションのすさまじさ!四方八方から銃声が飛び交い、かつ肉体を最大限に駆使した体術もアリアリ、それがさまざまなバリエーションで展開するので、もう大興奮できるのです。

それもそのはず、アクション監督は『るろうに剣心』や『HiGH&LOW THE MOVIE』などで日本の頂点と言っても過言ではない迫力の画を作り上げた大内貴仁。今回も“大人数 VS 1人”の大立ち回りがあり、かつ『ジョン・ウィック』や『リベリオン』を彷彿とさせる“近接での格闘を交えた銃撃戦”が満載なのですから、たまりません。そのクオリティが、ハリウッドのアクション大作にまったく引けを取らないのがすごすぎる!

しかも、ただ迫力があるというだけでなく、他のアクション映画にはない“亜人のルール”に則った駆け引きもあります。具体的には、亜人は死に至ることで初めて再生能力が発揮されるので、場合によっては自らを銃で撃ち“死んで生き返る”ことで戦いを有利に進められます。敵はこのことを最大限に利用してくるので、迎え撃つ側は“頭脳戦”によりこの窮地を切り抜ければならない、という緊迫感も生まれているのです。

忘れてはいけないのが、亜人たちが繰り出す“黒い影”のCGによる格闘シーン!その造形は原作のイメージそのまま、かつ生身の人間を上回る“瞬き禁止”のハイスピードバトルが勃発するのです。黒いモヤがやがて人間の形をつくっていく過程のゾクゾク感、自然なライティング、背景との違和感のなさも半端なものではありませんでした。

それらのアクションのテンションをさらにブチ上げてくれるのが、菅野祐悟による音楽!

「3、2、1」のカウントダウンから、ノリノリのBGMとともに戦闘が始まるという、良い意味でテレビゲームのような演出にもワクワクしました。

しかも、美術や衣装デザインも日本の最高峰のスタッフが揃っており、1つ1つのシーンがポストカードにしてしまいたいほどの美しさもある……もうビジュアルは100点満点で100点、文句のつけようがありません。

さらには、前述した通り原作マンガから大胆に物語を刈り込んでいるため、映画の半分以上が、この迫力のアクション × 最新のCG技術 × 美しいビジュアル × アゲアゲな音楽という、アドレナリンが全開のシーンで埋め尽くされているのです。この“日本最高峰のアクションがぶっ続き”こそが、実写映画版『亜人』の最大の特徴であり、原作ファンのみならず、すべての映画ファンも必見の理由だと断言します!

※アクション監督・大内貴仁氏は『HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY』での仕事も最高でした!以下もぜひお読みください・『ハイロー2』は映画を越えた別次元の何かに到達した!ヤバいテンションでその凄さを全力で語る!

3:佐藤健は“合理的で冷たい”キャラに?自身でほとんどのアクションをこなしていた!

(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

本作は押しも押されもせぬ人気俳優・佐藤健の主演作。正義感溢れる役柄も多くこなしていた彼ですが、今回は単なる正義の味方というわけでもない、“冷たい”と言われてしまうほどに合理的な判断をするキャラクターを演じています。綾野剛との会話や、微妙な表情の変化からも、“理屈に合わないことを望まない”ちょっとイヤな性格が存分に表れており、佐藤健の俳優としての実力をまたも見せつけられました。

その佐藤健が、ほとんどのシーンでスタントなしのアクションをこなしていたことも特筆に値します。しかもその理由は「(自分がスタントマンと)同じ男なんだから、誰かができるスタントだったら、俺にだってできるというスタンスで考えちゃうんです」とのこと……さすがは、何でもできる完璧超人ですね(嫉妬)、きっと撮影現場では、スタントマンの方々が悔しい思いをしていたに違いありません。

なお、主人公は原作マンガでは高校生でしたが、映画では研修医という設定に変えられています。こうなったのは、佐藤健がさすがに高校生役では厳しくなった、という事情もあるのでしょうが、結果的に良い改変になっていると思いました。

なぜなら、病気の妹のために猛勉強し、ようやく社会で人のために働ける段階に立てた研修医という職業こそが、“努力し続けていたのに、その人生がいきなり奪われてしまった”という主人公の悲哀につながっているからです。しかも、彼の極端な合理主義な性格が、とてつもない理不尽に立ち向かう成長の物語としても、しっかり昇華されている……原作マンガから大胆な省略があったとしても、それをおろそかにしない脚本の妙にも唸らされました。

ちなみに佐藤健は、敵となる綾野剛との“追いかけっこ”において、「『ターミネーター』のようにひたすら追われ、ひたすら逃げるという圧迫感を出したい」というアイデアを出しており、実際にそれがアクションシーンに大きく反映されたのだとか。そういえば、『ブレードランナー』っぽいシーンや、『ターミネーター2』らしいアイデアも持ち込まれていたかも……そうした映画ネタを探してみるのも、面白いですよ。

次ページでは綾野剛が全力で笑わせにくるシーンを解説

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事