『アルプススタンドのはしの方』レビュー:今年の邦画ベスト1はこれに決定!

 (C)2020「On The Edge of Their Seats」Film Committee

はい、いきなりですが見出しに偽りなしの(もちろん個人的見解ですけど)傑作青春映画です!

2020年7月24日(金)から東京シネマカリテほか全国順次公開されるこの作品、見逃し厳禁であると最初に強く訴えてきます!

激動の2020年もようやく後半戦に突入したところでではありますが、今年公開の新作日本映画の中でこの作品を上回る程に面白く感動できるものはそうそうないでしょう。

上映時間75分の小品ですが、どんな超大作にも負けない映画ならではの醍醐味があふれています。
(ってか、もうただただ単純に大好きな映画!)

今の高校生たちの青春群像とはいかなるものかを知りたい方は、ぜひこの映画をご覧ください。

日本映画界の明日を担う逸材・城定秀夫監督に期待している映画ファンの皆様へ、今回もバッチリです!

また最近はファンシーグッズやアニメ映画などで『すみっコぐらし』がブームになってますが、本作も同じような“隅っこの心地よさ”が醸し出されています。

そして今年の夏は甲子園を見られないとお嘆きの方、この作品で悶々とした想いをさわやかに発散させてください!

ただしこの作品、試合そのものは一切映りません……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街486》

そう、この作品はアルプススタンドの端っこのほうで自校を応援させられるはめになった(?)生徒たち(プラス先生も一人)の、5回表から9回裏までの空振り青春讃歌なのでした!

アルプススタンドの端の方で
応援をよそにたむろする高校生たち

本作の舞台は、夏の甲子園1回戦。

5回表を迎えた頃、県立東入間高等学校硬式野球部側の観客席=アルプススタンドの端っこのほうに、ようやく演劇部の高校3年生・安田あずは(小野莉奈)と田宮ひかる(西本まりん)がやってきました。

せっかくの夏休みなのに、学校側の意向で生徒全員が強制的に応援に駆り出されてうんざり気分、しかも野球のヤの字も知らないふたりには何がどうなっているのかもよくわからずチンプンカンプンの様子。

そこに同じく3年生の元野球部・藤野富士夫(平井亜門)がやってきます。

少し離れた後ろ側には、インテリの宮下恵(中村守里)が立っています。

彼女は先の模擬試験で、学年トップの座を吹奏楽部の久住智香(黒木ひかり)に奪われたばかり。

久住は今、一生懸命トランペットを吹きながら応援のメインを担っていますが、かたや安田も田宮も藤野も宮下も、その熱気とは無縁でいたいがために、アルプススタンドの端のほうにいるみたいです。

時折、熱血教師の厚木先生(目次立樹)が現れては端っこで佇んでいる生徒らに檄を飛ばしますが、それも彼女らにとってはただただウザイばかり。

しかし、とりとめもなくだべり続けていくうちに、それぞれの秘めた“空振り青春”の鬱屈した想いが徐々に露になっていき、それと並行するかのように、やがて試合は9回裏のクライマックスへと……!


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com