『映画おかあさんといっしょ』レビュー:実は大人も楽しめる!シュール&ハイテンションムービー!

 (C)2020「映画 おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!」製作委員会

『キネマ旬報』という映画雑誌に『戯画日誌』という国産アニメーション映画のレビュー連載をかれこれ10年ほどやらせていただいています。

そのせいもあって、必然的にアニメーション映画を見る機会は多くなりがちなのですが、さすがに四捨五入したら還暦といった年齢にもなってくると、ファミリー向け作品を独りで映画館まで見に行くのは、実はかなり勇気がいる行為でもあります。
(意外にマニアックな作品は平気だったりするのですが)

特に対象年齢が幼児のものはなかなか恥ずかしいというのも本音で、またそういうものに限ってマスコミ試写がほとんどないのが困りものでもあるのですが(というよりも、現在日本で公開されるアニメ映画の大半はマスコミ試写がないという、悲しい現実があるのです)、いざ見てみると実に丁寧な作りがなされているものが多いので、やはり無視することはできません。

そんな中、『映画おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!』のマスコミ試写会の案内が!

タイトルからおわかりのように、おっさんが一人で映画館に行くにはかなりの勇気を必要とする作品(前作の『おかあさんといっしょ はじめての大冒険』は映画館で見ましたけど……)。

これは絶好のレアな機会! と、勇んで試写室まで赴いたのですが……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街433》

これがもうなかなかに得難いシュールな体験をしてしまったのでした!

映画館デビューの子供たちに向けた
体験型ムービー…なのですが?

『映画おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!』はご存じNHK(Eテレ)の幼児教育番組として長年親しまれている同名番組の劇場用映画第2弾。

中身はTVでおなじみのうたのお兄さんお姉さんたちが客席に子どもたちがいるという想定の上で歌やお遊戯を促したりクイズを出していくといった趣向の、いわば映画館デビューであろう子どもたちに向けた観客参加型の体験ムービー。

基本は実写で、前作『はじめての大冒険』はその中に短編アニメ・コーナーが設けられていましたが、そのとき自分が劇場の中で見ていて驚いたのが、お兄さんお姉さんと一緒に場内で楽しく歌ったり踊ったりしていた子どもたちが、アニメが始まると急に場内せましの運動会モードになり、やがて子どもたちの多くがスクリーンの前まで集まり、皆が両手を上にさしかざすという、まるで銀幕から反射される光を身体全身で浴びようとしているかのような、あたかも『未知との遭遇』の一場面でも見ているかのような不思議な光景を目の当たりにしたのでした。

おそらくこれが映画館デビューであったろう子どもたちは、テレビとは違う大画面に興味を示して銀幕に近づいていったのでしょう。

さて、しかし今回は試写室での鑑賞です。

子供たちはもちろんゼロで、場内はネクタイを締めたおそらくは作品製作の関係者や、ママさん世代っぽいマスコミ女性たちがちらほら。

というわけで、映画が始まったのですが……。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com