「ガマゴリうどん」が生まれるきっかけになった地域発信型映画「ガマゴリ・ネバーアイランド」のロケ地巡り

■「映画ロケ地巡り」の記事

どうも、シネマズ編集部の岡部です。前回前々回の記事でご紹介してきた愛知県蒲郡市のご当地うどん「ガマゴリうどん」は、地域活性化を志す蒲郡シティセールスプロジェクト『ガマゴリ・ら』が展開しています。

今回は、そんな『ガマゴリ・ら』が誕生するきっかけとなった地域発信型の映画「ガマゴリ・ネバーアイランド」のロケ地を巡り歩いてきましたのでご紹介します。

地域発信型映画「ガマゴリ・ネバーアイランド」って?

地域発信型映画「ガマゴリ・ネバーアイランド」は、2012年に開催された第4回沖縄国際映画祭の企画「地域発信型プロジェクト」のひとつとして製作された天野千尋監督の作品で、主演はガレッジセールの川田さんが務めています。
愛知県蒲郡市にある離島「竹島」を舞台に、島内にある神社に出る幽霊との出会いを通じて成長していく少年たちを描いた物語です。

島全体が神社になっている観光名所「竹島」

ガマゴリ

「ガマゴリ・ネバーアイランド」の舞台となっているのは蒲郡市の象徴的な観光名所である「竹島」です。島全体が国の天然記念物に指定されており、陸地とは全長387メートルの橋で結ばれています。
ガマゴリ
ガマゴリ

竹島に続く橋とか。 – Spherical Image – RICOH THETA

島の中には「八百富神社」をはじめ5つの神社があり、全てをお参りすると一度に沢山の幸せを貰えるパワースポットとしても有名です。 ガマゴリ

愛知県蒲郡市にある竹島の中。 – Spherical Image – RICOH THETA

また、島の周りには遊歩道が整備されていますので海沿いを歩きながら島を一周できるんですけど、これがホント絶景でしたよ。
ガマゴリ
ガマゴリ
ガマゴリ

島の先端とか。 – Spherical Image – RICOH THETA

そういえば、海外からの観光客が非常に多かったことも印象的でした。

実際の主なロケ地は「万葉の小径」

ガマゴリ

設定上のメイン舞台は「竹島」なのですが、いかんせん「竹島」は蒲郡市内でも屈指の観光名所のため日常的に観光客が多くロケを行うのが難しかったため、「竹島」でのシーンの多くは蒲郡市内にある「万葉の小径」で行われたそうです。
ガマゴリ
この「万葉の小径」は離島ではなく海沿いにある小高い山なんですが遠くから見た印象は、どことなく「竹島」に似た雰囲気を持っています。
ガマゴリ
ガマゴリ
そんな「万葉の小径」を登って行くと、その名称の由来となった柿本人麿・麻績王・高市連黒人・長忌寸奥麿などの万葉歌人が目の前に広がる三河湾の美しさを詠んだ歌碑があったり、頂上付近には三河湾を一望できる展望スペースなども用意されています。
ガマゴリ
そして頂上には映画のロケでも使用された稲村神社があります。
ガマゴリ

「万葉の小径」があるのは蒲郡屈指の温泉街

ガマゴリ
「万葉の小径」は蒲郡屈指の温泉街「西浦温泉」のすぐ近くにありますので、せっかくですから日帰り温泉を利用してきました♪
ガマゴリ
訪れたのは三河湾に面して建っている「旬景浪漫 銀波荘」という温泉宿。
ガマゴリ

海を眺めながら浸かる露天風呂が「万葉の小径」を散策して疲れた身体を優しく癒やしてくれました。
ガマゴリ

ちなみに、目の前には広がるビーチは夏になると海水浴客やマリンスポーツなどで賑わうそうです

間寛平さんが漁師役で登場した「西浦漁港」

ガマゴリ
西浦温泉からバスで10分くらいの場所には「ガマゴリ・ネバーアイランド」で漁師役を務めた間寛平さんが実際に漁船に乗ってロケを行った「西浦漁港」があります。
ガマゴリ
ただ、こちらは観光地というよりも一般的な漁港なので関係者以外の立ち入りは禁じられていますので、ご了承ください。
ガマゴリ

ちなみに、漁港に隣接するように地元で水揚げされた新鮮な海産物などを販売する「西浦マーケット」があるのですが、今回訪れたのは定休日(日曜日)でした…。

蒲郡市を観光するなら「がまポン」の利用がオススメ!!

ガマゴリ

今回ご紹介した「竹島」や「万葉の小径」は無料で散策できる観光地ですが、西浦温泉をはじめとした多くの温泉施設や飲食店では蒲郡市観光協会などで配布しているクーポン冊子「がまポン」を提示すると割引が受けられますので、蒲郡市にお越しの際は是非活用してみてください。

■「映画ロケ地巡り」の記事をもっと読みたい方は、こちら

(取材/岡部照将)


    ライタープロフィール

    岡部照将

    岡部照将

    1978年生まれ。フリーランスのライター・ブロガー・グラフィックデザイナーをしながらフラフラしてます。映画は洋画よりも邦画が好きで、基本的には純粋に楽しむというスタンスです。好きな映画のタイプは「ゆれる」とか「松ヶ根乱射事件」とか、日常に潜む人間の狂気が見え隠れするような作品です。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com