オダギリ・ジョーさんが「身を持って教えたこと」とは?映画『合葬』公開初日舞台挨拶

DSC07713_900
9月26日(土)、新宿ピカデリーにて映画『合葬』の公開初日舞台挨拶が開催され、柳楽優弥さん、瀬戸康史さん、岡山天音さん、オダギリ・ジョーさん、小林達夫監督が登壇しました。

今作は鳥羽・伏見の戦いの後に、将軍の護衛と江戸市中の治安維持を目的として有志で結成された「彰義隊」に参加した若者の青春群像を描いた杉浦日向子の同名漫画が原作。
自らの意志で彰義隊に加わった青年・極(柳楽優弥)、養子先から追い出され、行くあてもなく赴くまま入隊した柾之助(瀬戸康史)、彰義隊の存在に異を唱えながらも加わらざるを得なかった悌二郎(岡山天音)を中心に、政治や戦争に運命を翻弄されてしまう幕末に生きた若者たちの姿を映しています。

「時代劇の枠にとらわれない監督の挑戦を感じる作品」

役や作品への思い入れを感じさせる、キャスト・監督による挨拶から舞台挨拶がスタートしました。
DSC07600_900
柳楽「僕にとって初めての時代劇で、素晴らしい原作の映画に出演させて頂きました。皆さんの心に印象に残るシーンがあればうれしいなと思います」
DSC07611_900
瀬戸「吉森柾之助は迷い悩んでふわふわしている役です。悩むことは僕にとってネガティブなことだったんですが、柾之助を演じて、その期間こそが大事なんだなと感じました」
DSC07614_900
岡本「僕はいつも自分の役のことでいっぱいいっぱいになってしまいがちなんですけど、今回初めて台本をもらった段階から、現代を生きる多くの人たちに届くといいなと思えた作品です」
DSC07622_900
オダギリ「京都で2週間くらいで撮るなんて強行だな、と思いながらもぜひ参加させていただきたいと思って無理矢理入れてもらいました(笑)。今までの時代劇の枠にとらわれない、監督の挑戦を感じる作品です。今日はいろんな世代の人が観に来てくださっていて、それが成功しそうな予感がします」
DSC07637_900
小林監督「京都の松竹撮影所という伝統あるところでベテランの方に囲まれながら、若いキャストにも力を借りて作りました。伝統的なものと新しい感性が融合したり、せめぎあったりしているのが画面に出ていればいいなと思います」


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com