愛する誰かのために…『ハンズ・オブ・ラヴ』紹介マンガ

ハンズ・オハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気 サブ1ブ・ラヴ 手のひらの勇気

(C)2015 Freeheld Movie, LLC. All Rights Reserved.

とある女性カップルの実話をもとにした映画『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』(原題:Freeheld)の紹介マンガです。

画像をクリックで拡大、詳細表示が可能です。

画像をクリックで拡大、詳細表示が可能です。

「同性愛もの」「難病もの」ではありますが、「ガールミーツガールもの」としての心温まる交流(犬のことで言い合う二人がカワイイ)とか、体制vs市民の政治劇としての面白さ(スティーヴ・カレルのキャラが強烈!)とか、色々な要素が詰まった映画なので、あまり構えずに観てほしいですね。

終盤のエレン・ペイジの「私たちはただの普通の人です(”We’re just average people.”)」というセリフが、本作のエッセンスをよく表しています。個人的にグッときたのは、(基本的には保守的な考えに支配された)ローレルの同僚の警官たちが、彼女とその相棒(哀愁に満ちたマイケル・シャノンの演技が良い!)に影響されて少しずつ態度を変えていくくだり。

愛する誰かのために「普通の権利」を求める非力な一個人の声が、社会全体に大きなうねりをもたらすストーリーとして、「普通の人」である私たちに勇気をくれる作品です。

6月7日(水)にDVDがリリース予定です。
http://www.shochiku.co.jp/dvd/handsoflove/

(文:ぬまがさ)

関連記事

同性パートナーのため、法に立ち向かった女性刑事の実話を描く
ジュリアン・ムーア主演最新作『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』予告動画

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com