22時からはキス、深夜2時からはムフフのフ♡…『愛を語れば変態ですか』福原監督インタビュー・後編

編集部公式ライターの大場ミミコです。
2015年11月28日公開の映画『愛を語れば変態ですか』。前回、当サイトにアップされた福原充則監督のインタビューはもうお読みいただけましたでしょうか?

…え?まだ読んでいない?

そいつぁ〜勿体無い!あのインタビュー(というか講話)は、人類に覚醒をもたらすマスターキーといっても過言ではありません。今からでも是非お読み下さいね。

三股されて生まれた作品『愛を語れば変態ですか』福原監督インタビュー・前編

さて前編は「巨匠になるとロリコンになる」という謎の言葉で締めくくられましたが、後編ではその真意が明らかにされます。そして、リーマンショックや震災以降の世界情勢についても鋭い視点で展開していきます。性愛・情愛・人間愛・・・様々な“愛”を網羅した感動のインタビュー(後編)を存分にお楽しみ下さいませ。

疾走するあさこはまさに『汚れた天使』

―― (前編より)ロリコン…ですか?

福原監督「女優に処女性を求めるみたいな。たぶん、自分が年齢を重ねて汚れるほど、無垢なものが未知な存在となって、それが“神秘”まで行き着くんですかね? それと似たような感じ、かどうかわかりませんが、あさこも未知で神聖な存在なんです。ただちょっと極端で、汚れた天使みたいになっているという」

―― 汚れた天使…なるほど!その通りですね。

福原監督「まぁ結局は男性的な目線というか、女の人に対する幻想かもしれませんが。もしかしたらマザコンみたいな映画かもしれないです。」

―― だらしない男が、強い女性に引っ張ってってもらう話ですものね。

福原監督「甘えてるだけなのかもしれないですけどね。」

愛を語れば変態ですかfukuhara05

『愛』そして『変態』…映画タイトルの源流に迫る

―― この「愛を語れば変態ですか」というセリフは秀逸でした。他のセリフも活き活きとしていて、魅力的なものが多く見られました。「でも私、世界を変えてくるからさ」とか「そもそも二人だけの幸せなんて無理!愛ってそんな小さいもんじゃないからさ!」とか、愛にまつわるセリフは特に心に響きました。

福原監督「言ってますね。『みんな愛を馬鹿にしてる』とかね。」

愛を語れば変態ですかfukuhara06

―― 元々このお話は、愛した女性に三股かけられたご自身の経験から生まれたとのことですが、その女性に「なぜそういう事するの?」って聞いたら、あさこのセリフのような答えが返ってくるかもしれませんね。「愛を持ってる人が、必要としてる人にあげていけば、みんな幸せになれるでしょ?」みたいな(笑)。

福原監督「そのセリフに関しては、2011年の震災あたりから、個人の利益だけ求めていても、自分も含めて誰も幸せになれないんじゃないかと思い始めたことがきっかけで書きました。例えば『僕は君を必ず幸せにするよ』とか言ったりしますが、どこまでの話なのかなって思うんですよ。」

福原監督、『愛は地球を救う』番組に高らかに提言!

―― どこまでとは?

福原監督「『幸せにする』って言うけど、憲法や税金、社会と世界の仕組みまで含めて、私を“必ず”幸せにすると言ってるのですか?ってことですね。」

―― 解ります。気に入った洋服、充実した労働環境、犯罪や戦争のない世の中…それらを全部叶えようとしたら、法律や他人の人格、社会通念まで変えなきゃいけませんからね。

福原監督「リーマンショック以降、資本主義の限界みたいなものもあって…なーんて正論を言い出すと、なんかつまらないじゃないですか。と言いつつ、そういう説教臭いのも好きなんですけど。と言いつつ、メッセージはこっそり伝えたいというのもあり…」

―― 私も含め、そう思ってる観客は結構多いと思いますよ。ちょっとふざけたセリフや、極端なシチュエーションでパッケージしているけど、実はかなり精神的なことを語った話だなぁと思って観ていました。

福原監督「ハハハ。ものすごい説教臭いですよね。」

―― ドスピ(超スピリチュアル)な映画だな~ってのが、本当は第一印象でした。例えば屋根の上で、チャンカワイさん演じる“ボン”とキスしたあさこが「どうだ!世界が変わっただろう?」って言うんですけど、実に「真理」に触れたセリフだなーと思いました。好きな人とキスしたら、邪な事や破壊的な事って考えられないじゃないですか。

愛を語れば変態ですかfukuhara07

好きな人と一緒にいる時の、ハッピーな気持ちをこの世の人が持ち続けていたら、世界に問題なんて存在しようがないですから。それを伝え、広める使命に目覚めたからこそ、あさこは絶叫&疾走したんでしょうね。

福原監督「そういうことです。だから『愛は地球を救う』という話なんですね。」

―― パンフレットも黄色ですしね(笑)。

福原監督「某番組も、もっと深い時間帯になったら大人バージョンやればいいと思うんですよ。『愛は地球を救う』って言っときながら、キスすら出てこないじゃないですか。個人的には、夜22時を過ぎたらキス、深夜2時とかになったらセックスも含めた愛について語って欲しいですけどね(笑)」

―― (一同爆笑)


    ライタープロフィール

    大場ミミコ

    大場ミミコ

    小学生の息子を持つ主婦ライター。美大卒業後、ストーリー漫画家を目指してシナリオ学校の門を叩く。その後10年ほど、映画・ドラマ・コミック原作などのプロットやコンペ原稿などの下積みを経験し、出産を機に引退。現役中は、お金を浮かせるために飯田橋ギンレイ、早稲田松竹などの名画座に通う傍ら、フリーペーパーなどのシネマコラムも執筆する。好きな映画は「真夜中のカーボーイ」「アメリカン・ビューティ」「チョコレート・ドーナツ」など、切ない&救いのない系の作品。一方、「ウェインズワールド」「プロデューサーズ」などのおバカコメディも大好物♡好きな俳優は佐藤健、好きな監督は中島哲也、内田けんじ。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com