『ひまわり』レビュー:初公開から50周年を記念してリバイバルされた不滅の名画!

(C)1970 – COMPAGNIA CINEMATOGRAFICA CHAMPION(IT) – FILMS CONCORDIA(FR) – SURF FILM SRL, ALL RIGHTS RESERVED. 

緊急事態宣言が解除され、日本全国の映画館もほぼ再開できたものの、正直興行がなかなか元通りになるまでには時間がかかりそうで、現在は多くのシネコンなどでは旧作の上映が行われています。

それはある意味、日頃は映画館でお目にかかれないものを見るチャンスともいえるかもしれません。

そういった状況の中、最初から2020年のリバイバル公開を目論んで準備されていた名作映画があります……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街473》

イタリア映画界の名匠ヴィットリオ・デ・シーカ監督、ソフィア・ローレン主演の『ひまわり』、1970年の初公開から50周年を記念してのHDレストア版での公開です!

戦争で行方不明になった
夫を探す妻

映画『ひまわり』の舞台は第二次世界大戦下のイタリアです。

洋裁で生計を立てているナポリ娘ジョバンナ(ソフィア・ローレン)はアフリカ戦線行きを控えた陽気なアントニオ(マルチェロ・マストロヤンニ)と出会い、瞬く間に恋に落ちて結婚しますは、12日の結婚休暇はすぐに終わってしまいます。

アントニオは精神疾患を装って入院しますが、すぐにウソがばれてしまい、懲罰として極寒地獄のソ連戦線へ送られてしまうのでした。

やがて終戦。しかしアントニオは戻ってきません。

ジョバンナはようやく夫と同じ部隊にいた男から、彼が敗走中に雪原で倒れたと聞かされ、ソ連に赴くことを決意し、モスクワから地平線の彼方までひまわり畑が続くウクライナへ、その足跡を追い始めるのですが、やがて彼女に待ち受ける衝撃と痛恨の運命とは……。

ここから先のストーリーは、今やあまりにも有名な名作ゆえに、さほど映画に詳しくない方でもほぼほぼご存じではないかと思われますが(まあ、よくよく振り返ると『シェルブールの雨傘』ともよく似たお話ではありますが)、未だ見たことのない若い映画ファンや、これから初めてこの作品を見るラッキーな方々のために触れずにおこうと思います。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com