堀未央奈&清水尋也&板垣瑞生&間宮祥太朗『ホットギミック』座談会「ひとつでも欠けていたらこの作品はできていなかった」

乃木坂46の堀未央奈さんが初主演を務める映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』が6月28日(金)より公開されます。

本作でヒロインの成田初(なりた・はつみ)を演じた堀さんと、初を翻弄する3人の男性を演じた、橘亮輝(たちばな・りょうき)役の清水尋也さん、小田切梓(おだぎり・あずさ)役の板垣瑞生さん、成田凌(なりた・しのぐ)役の間宮祥太朗さんにお話を伺ってきました。

──本作で監督・脚本を務めた山戸結希監督の現場は独特の雰囲気だとよく伺いますが、実際に現場はいかがでしたか?

間宮祥太朗(以下、間宮):そうですね。確かに山戸さんが雰囲気を作ってくださっているという感じはしました。

堀未央奈(以下、堀):うん、そうですね。

間宮:山戸さんは山戸さんですごく集中されていたので、現場の雰囲気としては清水さんが…。

清水尋也(以下、清水):真面目なトーンから急にぬるっとくるのやめてもらっていいですか(笑)?

間宮:ごめんごめん(笑)。でも本当に尋也も場の雰囲気を作ってくれていたなって思います。

堀:うん。ムードメーカーでしたね。

板垣瑞生(以下、板垣):そうですね。僕もそう思いました。

清水:ただオチャラケていただけです(笑)。

──それはあえて、撮影中にみんなを和ませたいなと思ってやっていたんですか?

清水:いや、僕がただ楽しい雰囲気が好きなだけです(笑)。まぁでも、堀さんが人見知りだということを事前に聞いていたので、みんなで楽しく話したかったっていうのはあるかもしれないです。

──現場ではみなさんすぐに打ち解けられましたか?

清水:僕と瑞生はもともと仲良かったしね。

板垣:そうだね。

堀:でも、最初はあんまり間宮さんが話してくれなかったです(笑)。

一同:(笑)。

板垣:間宮さんが最初はね…(笑)。

堀:いつもすごい気を使ってはくれていたんですけど、なかなか…(笑)。

間宮:そうなんですよ。最初は俺、未央奈ちゃんに気に入られようと思っていて…(笑)。

一同:(笑)。

間宮:お兄ちゃん役だし、信頼感みたいものを築きたいなとは思っていたので。でも、いきなり距離を縮めようとしたら逆に引かれるかなって(笑)。だから最初はちょっと様子を見ていました。

──間宮さんの思惑に堀さんは気づかれていました?

堀:えー、まったく気づかなかったです(笑)。もともとあまりお話をされない方なのかなって思っていました。でも話しかけてみたらすごく喋ってくださって。間宮さんは「トロタクが好き」っていうお話をしてくれました(笑)。

間宮:よく覚えてるね(笑)。尋也と瑞生が未央奈ちゃんをイジるから、俺はできるだけ優しくして、気に入られようと…(笑)。

清水&板垣:あはは(笑)!

清水:ひとりだけ違う角度から攻めてたんだ(笑)。

──本作の登場人物たちはみんなすごく個性的だと思いますが、役作りをする上で意識したことは?

堀:初ちゃんは自分に自信が持てない子だったので、演じるにあたって、ほぼスッピンでやらせていただきました。ビジュアルから、そういう自信のない女の子だって見えるようにと思って。なので、普段のアイドルのときの自分とはまた違った感じで演じたので、観てくださる方には新鮮に映るんじゃないかなと思います。

──清水さんはいかがですか?

間宮:スッピンだったもんね?

板垣:どスッピンだったよね。

清水:なんでだよ(笑)!

一同:(笑)。

清水:ビジュアルの話でいうと、僕は髪の毛はカツラだったんですけど…。

堀:そう!カツラを取って笑わせてくるんですよ(笑)。

清水:勝手に笑ってたんじゃん(笑)。撮影が終わったら、普通に外でカツラを取ってたんですけど、いつも笑ってくるんですよ(笑)。

堀:だって急に取るんだもん。ビックリする(笑)。

──お芝居で意識されていたことは?

清水:特になかったですね。もともと、現場に作り込んでいくタイプではないので。僕は何も考えない方がフラットにできるんです。実際にお芝居してみないとわからないからっていうのがあるので。

板垣:僕は、とにかく“山戸さんワールド”に飛び込んでみようって思ってました。だから現場に入るのがすごく楽しみでした。

間宮:僕も役作りっていう部分では特に意識していたことはなかったかなぁ。

清水:間宮さんって、台本ほとんど見てなかったですよね。

間宮:そうだね。

──それはどうしてですか?

間宮:僕は台詞を覚えるのがすごく早いんですよね。あと、今回の現場だと、事前に台本を覚えても意味がなかったというか。現場で突然、4行のシーンが4ページになったりしていたので。だから、俺らはまだいいけど、ほとんどのシーンに出ている未央奈ちゃんは本当にすごいなって思う。

──本作に登場人物たちは、すごく個性的ではありますが、演じられたみなさんと似ているようにも感じました。みなさんがそれぞれの役を理解するためにされたことはありますか?

堀:台本の改定の段階で、山戸監督が私達に寄り添って台詞を書き変えてくださっていたので、それが似ているように感じたというところなのかもしれないです。山戸監督と深く話しながら作り上げていったので。役に寄せにいっているというより、監督が私達と役を重ねてくださったのかなと思います。なので、すごくやりやすかったです。

間宮:実は、僕は乃木坂46の堀未央奈という存在は知っていたんですけど、あまり予備知識がなかったんです。だからこそ、まっさらな状態で始められて、撮影中は堀未央奈ではなく、初としてしか接してなかったので、それがいいように影響したのかなとは思いますね。

──清水さんは役を理解するために考えていたことなどはありますか?

清水:理解するというよりは、大事なのはプロセスだなと思っていて。初を好きだと思う気持ちや初をかわいいと思う気持ちって、それは亮輝も梓も凌も一緒だと思うんです。でも、一緒の気持ちだけど、出てくる言葉が人によって違うわけで。そこは人によって違うから、理解というよりも「何でその言葉が出てくるか」になるので。

──結果だけを見るのではなく、その過程を大切にされたということですね。

清水:そうですね。だからそこはもう深く考えませんでした。さっき間宮くんが初として接していたって言ってましたけど、それと一緒で、初が初でいてくれたから、亮輝は初のことを好きになれたし、かわいいと思えた。それによって亮輝も影響を受けて、自然と言葉が出てきたっていう感じです。だから何かひとつでも欠けていたらこの作品はできていなかったと思います。このメンバーでできてよかったですね。

堀:そうだね。すごい分かる。

板垣:それでいうと、僕は2人とは違って、事前に梓のヒストリーを紙に書いたりしていました。ある程度、現場に入る前に準備はしていたかな。梓は闇がある子なので、悲しいニュースの記事とか新聞を見て、悲しい気持ちになってから現場に入るとか、そういう生々しい準備をしていましたね。あとは、梓は今までに演じたことのない役だったので、とにかく楽しんでやりたいなというのはありました。

──改めて、この作品のここが好きだなという部分について教えてください。

堀:スピード感ですね。ずっと瞳孔が開きっぱなしになるぐらいのスピード感があって、どんどん話が進んでいくところが好きだなと思いました。

清水:僕はやっぱり堀さん演じる初がかわいいってところだと思います。

板垣:たしかに。

堀:いやいや…。

清水:でもそれって大事な要素だと思うんです。3人の男性が好きになるっていう初としての説得力もそうだし、初を中心に俺たちは成り立ってるという部分があったので。

板垣:僕はこの恋愛映画らしからぬ生々しさみたいなのが、かっこいいなと思いました。人の心の内側みたいなところに、スッと入ってくるような作品だと思うので。いわゆるシリアスな暗さじゃなくて、誰かに依存したりという人間の根本的な暗さがこの映画の素敵なところだと思います。だから共感しやすいんじゃないかな。

間宮:俺はところどころ笑っちゃってた(笑)。梓がすごいかっこつけてるから。

板垣:だってそういう役だったんですもん(笑)!

間宮:スタジオのシーンとか、すごいなって思った(笑)。普通の俳優がかっこつけるよりも一段階上を行っているなって。

一同:あはは(笑)。

間宮:でもあそこまで振り切れたらいいよね。

板垣:ありがとうございます(笑)。

間宮:あとは亮輝の台詞も、「こんなこと言う?」みたいな(笑)。やばすぎるなって思いましたね。

堀:それはまぁ、たしかに(笑)。

間宮:あとは自分のシーンでは、ココアのシーンがあるんですけど…(笑)。

一同:あはは(笑)。

間宮:そこはもう楽しんでいただきたいです(笑)。でも、作品の世界観として山戸さんの映画だって感じるし、本当におもしろいです。この映画のヒロインは初で、初の成長の話でもあるんですけど、でも亮輝もヒロインチックだなと思っていて。最初はイヤなやつに見えるけど、後半に向けてどんどんかわいくなっていくから、観ている人が好きになっていきそうだなって思いました。

板垣:かわいいですよね。

堀:たしかに。

板垣:あ、あと、ラストのシーンはすごい良かった。初と亮輝が丘で話しているシーン。

堀:うれしい。ありがとうございます。

板垣:なんていうんだろ。言葉で伝えるのが難しいんですけど、画もそうだし、2人が言っている言葉もそうだし、「ああ、いいなぁ」って思ったんですよね。

間宮:全体的にこの映画の世界観ってフワッとしているんですけど、反町(隆史)さんが出てきた瞬間、ドーンって地に足がついた感じしたよね(笑)。

板垣:わかります(笑)。

間宮:「え、これ同じ映画かな?」みたいな。安定感というか、やっぱり反町さんってすごい方だなって思いましたね。

──男性のみなさんは、今回自分が演じられた役以外の男性役を演じるとしたらどの役をやってみたいですか?

間宮:僕は自分の殻を破るために、梓をやりたいですね。

板垣:まじですか(笑)。

間宮:俺、あんまりかっこつけられないんだよ。今まで役でかっこいい役がきていないっていうのもあるんだけど(笑)、雑誌とかでもかっこいい表情してくださいって言われてもただの仏頂面になっちゃうし。梓の流し目みたいなのはすごいなって。

板垣:いやいや、待ってください(笑)。

間宮:だからそれをやって、一生懸命、殻を破りたい。ちゃんとかっこつけられるように(笑)。

清水:瑞生は、最近自分がイケメンということに気づいたらしいですよ。

堀:雑誌のインタビューで言ってたよね。

板垣:え、みんな見てるの(笑)?

堀:見た見た(笑)。イケメンって認め始めたんだよね。

板垣:違いますよ!自信を持とうと思ったんです(笑)。僕も自分に自信がないから。

清水:イケメンだよ!

板垣:ありがとう(笑)。でも違うんです(笑)。なんていうんだろう。僕もすごい怖いんですよ、かっこつけるの。

間宮:あんなにかっこつけておいて?

板垣:それはまぁ、役だったから…(笑)。僕は、凌をやりたいですね。

堀:そうなんだ!

板垣:自分が亮輝をやっているところが本当に想像がつかなくて。でも、凌はちょっとだけ分かる部分もあるかなって。初を見守っている感じとか。亮輝はちょっと怖いんですよ。見たことがない役。

間宮:頭がいい役だしね。

清水:僕は梓ですね。

堀:どうして?

清水:かっこつけるとかじゃなくて、あんなに女の子の顔をした初は、亮輝の前では見れないから。何言っても(堀さんの真似をしながら)「何?」「やだ!」「離して!」っていう初しか見ないから。

一同:あはは(笑)。

堀:ね~!真似しながら言わないで(笑)。

清水:亮輝にはそういう態度なのに、梓が「おいで」って言ったら初は行くんですよ!僕からしたら「は?」ってなる(笑)。

板垣:あはは(笑)。

清水:梓だけじゃなくて初にもイラッとしたよね(笑)。

板垣:僕も試写を観て、梓以外の前では初はそういう感じなんだって思いました。視点によって全然違うからそこもおもしろいですよね。

間宮:たしかに俺も他の人とはそういうやりとりしてるんだって思ったな。俺も凌視点の初しか知らないから、梓とはめっちゃ笑顔で楽しそうにしてんじゃん!って思った(笑)。

板垣:でも僕は亮輝が羨ましい。初は亮輝の前では本音を言っているから。

堀:みんな自分以外の役を羨ましいって感じてたんだね。

板垣:ちょっとおもしろいね(笑)。

──では最後に改めて、本作の中で印象に残っているシーンや台詞を教えてください。

板垣:僕は、「ちぇっ。ノーコメントか」っていう台詞です。劇中で2回ぐらい言ってるんですよ。2回も言うんだって印象に残ってますね(笑)。

清水:台詞はどれも印象的だよね。なんかこう詩的というか哲学的というか。

堀:うん、そうだね。

間宮:初日の撮影でさ、亮輝が「悲劇だ」って台詞を言うときに、山戸さんからの演出で「足で悲劇を描いてください」って言われてたよね。

清水:あったね。凌と亮輝だけのシーンで。

間宮:映画を観てもらえれば分かると思うんですけど、亮輝が足で地面をバッて払うんですよ。山戸さん的にはそれが「悲劇を描く」ということで。そのあとに、「凌はそれを消してください」って言われて。初日でいきなりそういう演出が入ったから、これが山戸さんの現場なんだなって思ったかな。

堀:私は亮輝との塾のシーンで「ずっと馬鹿って言われたかったんだよね」っていう台詞が印象に残ってる。あのシーンを演じて、初ちゃんと亮輝の距離がぐっと縮まったし、泣きそうになった。

清水:泣きそうっていうか、泣いてたよね、2人とも。

堀:うん、泣いてたね。

清水:モニターの方からも、監督の泣いている声が聞こえてきたのを覚えてる。

間宮:山戸さんにも伝わったんだ。

清水:俺もたしかにあのシーンは印象に残ってる。「宇宙感じるよ」とか「お前もっといい感じになれるよ」っていう台詞があるんですけど、言葉だけ聞くと「どういうこと?」って思うけど、なんかわかるっていうか。

堀:うん、そうなんだよね。

清水:でもそれでいいと思うんですよ。2人の間で伝わっているから。

堀:いいよね。

清水:だから初と亮輝の2人の会話は好きですね。ぜひ注目して観てほしいです。

(撮影:HITOMI KAMATA、取材・文:榎本麻紀恵)

(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

関連記事

堀未央奈&桜田ひより『ホットギミック ガールミーツボーイ』姉妹対談「無邪気に笑ってる姿を見てかわいいなぁって」
堀未央奈主演『ホットギミック ガールミーツボーイ』場面写真一挙解禁!
『ホットギミック』堀未央奈が上海国際映画祭アジア新人部門・優秀女優賞にノミネート!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com