“殺カレ死カノ” “地獄少女”など脱キラキラ化し始めた日本の青春映画たち

もし殺人鬼美少女に恋したら?
『羊とオオカミの恋と殺人』

(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社 

11月29日より公開される『羊とオオカミの恋と殺人』は、今回もっとも異色といえる青春恋愛映画です。

原作は漫画アプリ『マンガボックス』に連載されて話題騒然となった漫画家・裸村によるスプラッター・ラブコメディ『穴殺人』。

二浪の引きこもりで死にたがりの主人公・黒須(杉野遥亮)の住むアパートの隣の部屋に引っ越してきた、清楚で可憐な美少女・宮市さん(福原遥)。

しかし彼女の正体は、何と殺人鬼!

部屋の穴から隣室を覗くと、鮮やかなカッターナイフさばきで人を血まみれに切り刻んでいく宮市さんのエクスタシーともいえる恍惚の表情が!

やがて自分の正体が黒須にばれたことに気付いた宮市さんですが、なぜか彼を殺すことなく逆に付き合い始めていくのでした……?

何とも異様かつ異常な世界観の元で繰り広げられていく猟奇色豊かな内容であるにもかかわらず、なぜか爽快感を伴ってしまう不可思議さが本作の最大の魅力で、それには“まいんちゃん”として子役時代から幅広い支持を得てきた福原遥のさわやかな個性が宮市さんの所業とミスマッチしつつ、ふと気づくと美しいまでに同化してしまっていることの驚異に他ならないでしょう。

秀逸なのは殺戮シーンで、まるで血しぶきを吹かせながらダンスしているかのようなアクションの数々は、この映画以外では絶対にお目にかかることのないであろうほどの独自性を発散しています。

監督は『クソすばらしいこの世界』でスラッシャー・ホラー映画に新風を巻き起こした朝倉加葉子。今や血まみれ美少女を描いたら右に出る者はいないほどの(!?)旗手でもあります。

ここでは黒須ならずとも「殺されたいほどI LOVE YOU!」とでもいった倒錯した映画的気分を観客に味わわせながら、主人公ふたりの魅力を大いに引き出してくれています。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com