中川大志との胸キュンシーンに困惑!?『覚悟はいいかそこの女子。』唐田えりかインタビュー

10月12日(金)に公開される、中川大志さん主演の映画『覚悟はいいかそこの女子。』。

『マーガレット』で連載された同名漫画を映像化した本作は、超絶イケメンだけど、恋愛経験ゼロの“究極ヘタレ男子”・斗和(中川)の初恋を描く青春恋愛コメディです。

シネマズPLUSでは、斗和が恋するクールなヒロイン・美苑を演じる若手女優の唐田えりかさんにインタビュー。恋愛漫画原作の作品に初挑戦した感想や、初恋の思い出などを伺いました。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──少女漫画原作のキャラクターを演じるのは、今回が初めてですよね。

唐田えりか:そうなんです。少女漫画だけでなく原作があるキャラクターを演じること自体、初めてだったので、まずは漫画の中の美苑をお手本にして、そこに近づきたいという気持ちで役作りに臨みました。

今回、脚本を読んでから原作を拝見したんですけど、脚本に原作の世界観が緻密に忠実に描かれていたんです。なので、脚本を読んで自分なりに想像していた美苑が、原作を読むことで、自分の中に具体化されていきました。

──そんな中で美苑を演じるにあたって、特に気をつけたことは?

唐田:美苑は大人っぽくてクールな役柄なんですけど、その中に女子高生のピュアさがあるので、監督からはふとした時の表情を「大きく、オーバーに」と言われていて。そこを表現するため、笑顔を“パンッ”と出したり、原作の中にあるかわいさを出せるよう、ずっと心掛けていました。

──ちなみに少女漫画はよく読まれますか?

唐田:学生の時には、『ストロボエッジ』や『アオハライド』など、王道の恋愛ものを読んでいました。なので、あのキラキラした世界に私も入れるんだ!すごい!って思って(笑)。すごく感慨深かったですね。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──恋愛漫画原作の作品を演じてみて、何か発見はありましたか?

唐田:胸キュンシーンを作り上げることって、こんなに難しいんだと感じました(笑)。初日から斗和との壁ドンシーンがあったんですけど、いろんな角度から撮るので、カメラのアングルによって体勢が変わるし、顔の角度とかも気をつけないといけない。一回一回、それを決めて進めていく難しさがありましたね。今まで演じてきた役の中で、一番難しかった気がします。

──本作では、そんな胸キュンシーンがたくさんでてきますよね。

唐田:そうですね。中でも私が一番キュンとしたのは、斗和が美苑を助けてくれるベランダのシーンです。美苑は最初強がっちゃうんですけど、斗和の男らしさに思わず頼っちゃうところがキュンとしちゃいました。

──斗和役の中川さんの印象は?

唐田:大志くんは、現場では常に自分から動いていて。監督と話しながら試行錯誤している姿を拝見して、自分の目指すものをちゃんと持っていて、それに対して全力でぶつかる人なんだと感じましたし、たくさんの刺激をもらいました。あと、真っすぐさや、お芝居が好きでひたむきにがんばっているところもすごいなって思います。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──斗和は美苑に出会い、初めて人を好きになりますが、唐田さんの初恋のエピソードは?

唐田:幼稚園の時に、一番上の姉が好きな人にバレンタインチョコを渡しに行くのについて行ったことがあるんです。実はその時、姉が好きな男の子にも、ちょうど私と同い年の弟がいて、姉から「私は好きな人にチョコをあげるから、えりかはその子(弟)にあげなよ。そしたらお菓子あげるよ」って言われて。

それで二人で自転車に乗って、全然話したこともないその子にチョコをあげました。でもそこから意識するようになっちゃって、結局その子のことを好きになったんです(笑)。

──かわいらしいエピソードですね。その後は何か進展がありましたか?

唐田:その子とは家も近所で同じ小学校だったので、そこから5年間チョコをあげ続けました。毎年の恒例行事みたいになっちゃって、その男の子のお母さんにも「今年も来てくれたね」みたいな感じで覚えていただいて。しかも、途中からは私の親友もその子のことを好きになっちゃって、一緒に渡しに行ってました(笑)。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──今回の作品のタイトルにかけて、最近ご自身で何か“覚悟”をしたエピソードはありますか?

唐田:暑い中でも、ホットヨガに行くことです(笑)。運動はあまり得意ではないのですが、ホットヨガはリラックスもできるし、汗がたくさん出てデトックスにもなるので、1年くらい通い続けています。撮影に入ってしまうとなかなか行けないのですが、行ける時は週に3回は行きますね。

あとは、暑い中で辛い物を食べることかな(笑)。辛いものを食べて、汗をかくのが好きで。辛いのは何でも好きなんですけど、特に韓国料理が好きです。家には普段からキムチをストックしていて、お腹がすいたら食べている気がします。

──唐田さんは韓国でも芸能活動をされているんですよね。

唐田:そうなんです。K−POPがきっかけで韓国が好きになり、事務所の人に「何かしらで関わりたい」という思いは伝えていたんです。そうしたら、同じ事務所のハン・ヒョジュさんの主演ドラマの現場見学に行けることになり、そこでお会いした韓国の事務所の社長さんからお話をいただきました。

──そのときはうれしかったですか?

唐田:まさか所属できるとは思っていなかったので、すごくうれしかったですね。夢が広がりました。韓国でCMに出演させていただきましたが、これからもたくさん出たいですし、雑誌や映画も好きなので、いつか出られたらいいなって思っています。

──韓国の好きな映画や憧れている俳優の方はいますか?

唐田:『息もできない』という作品がすごく好きで。主演のヤン・イクチュンさんの演技がめちゃくちゃすごいんです! 何も取り繕わず、ただそこに生きているという感じが大好きすぎて、見終わった後によくわからないけど、泣いてしまいます。いつか『息もできない』のような作品に出られるような女優になるのが目標なんです。

──日本と韓国、両方の芸能界を知っていたら、よりいろんな視点を持てそうですね。

唐田:そうですね。自分の中ですごくいい刺激になっています。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──『寝ても覚めても』ではカンヌ国際映画祭に出席されていましたが、韓国だけに留まらず、いろんな国で活躍してみたいという思いもありますか?

唐田:カンヌ国際映画祭に行った時に、そう思いました。日本の作品を海外に広めたいので、まずは日本と韓国の架け橋になれたら。韓国の人が日本の作品を気にかけてくれるきっかけになれたらいいですし、もちろんその逆も。そして、そこからさらに大きくなって、またカンヌに行きたいです。

──素敵ですね。唐田さんの女優としてのさらなる活躍が楽しみです。今後はどういった女優になりたいですか?

唐田:前より自分と向き合えるようになったので、今後は今まで気付けなかった自分の一面や、新しい発見が出来たらいいなと思います。あとは、表現に嘘がない女優さんを目指していきたい。今は頂いた役にとことん向き合いたいですし、映画の世界にどっぷり入りたいなという欲がめちゃくちゃありますね。

──では、最後にこの作品を楽しみにしている皆さんにメッセージをお願いします!

唐田:この作品は、原作で描かれている“ピュアさ”を、ファンの皆さんの期待を裏切らずに映像化できてると思います。斗和と美苑の恋模様はもちろん、美苑が憧れる高校の先生の柾木先生との甘酸っぱい感じなど、「キュンキュンする!」と思えるシーンがたくさんあると思うので、そこを楽しんでいただけたらうれしいです。

(写真・文:たかやまみほ)

関連記事

中川大志のヘタレ男子っぷり満載!映画『覚悟はいいかそこの女子。』予告映像が解禁
ドラマ化決定!中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』追加キャストに元仮面ライダー甲斐翔真も
『覚悟はいいかそこの女子。』映画化決定!ヘタレイケメンを演じる中川大志のコメントも到着
吉田羊が大熱演、大人のためのラブコメディ『ラブ×ドック』
平成最後にこれまでの恋愛を一掃!夏~秋に観たい『追想』ほか切なくも美しい恋愛映画3選


    ライタープロフィール

    たかやまみほ

    たかやまみほ

    記者、雑誌編集を経て、フリーランスのエディター&ライターに。得意ジャンルはエンタメ、美容、グルメ。暇さえあれば、国外国内問わず、現実逃避の旅に出るクセあり。音楽好きで、ジャンルは問わず、大御所からアイドルまで幅広いアーティストのライブに通う日々。美容系の記事に携わるようになるも、なかなか痩せないのが悩み。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com