気楽に!何も考えずに楽しめるおバカ映画5選

疲れた時や精神的に辛い時、何も考えずに楽しめる作品が見たくなったりしませんか?そんな時に楽しめる、もちろん普通の時にも楽しめる作品を紹介します。

フランスのおバカ映画
『世界の果てまでヒャッハー!』

世界の果てまでヒャッハー!

(C)ALEX FILMS – MADAME FILMS – M6 FILMS – CINEFRANCE 1888

恋人にプロポーズするため、彼女の父親が経営するブラジルの高級リゾート地へ男友達を連れて訪れた。んバカンスも束の間、彼女の祖母を押し付けられジャングル秘境ツアーにでかける。しかし彼らは音信不通になってしまう。偶然彼らが持っていたカメラだけが見つかり、手がかりを探すために映像を再生し……。

海外の笑いは分かりにくい……そんなことはありません。「穴があるから気をつけて」と言ってる人が穴に落ちたり、ボールを蹴ったらヒロインの顔に直撃したりと、誰が見ても分かる笑いです。

フランス版『ハングオーバー!』シリーズとも言える作品でした。本当にいい意味でバカバカしくて頭を空っぽにして楽しめる映画です。終わった後、あ~面白かったと感じられること間違い無しです。

ブラックユーモア、下ネタ満載
『ソーセージ・パーティー』

ソーセージ・パーティー

ソーセージのフランクは、恋人であるパンのブレンダと結ばれホットドッグになることを夢見るなど、食材たちは人間に買われていくことを望んでいた。ある日、ついに一緒にカートに入れられ喜んでいたフランクとブレンダだが、アクシデントが発生し店に取り残されてしまう。一方買われていった食材たちは……。

ポスターから分かるように下ネタ全面押し。下ネタというかある意味、そのままというかドストレートというか、そんなシーンも満載です。

他にも人種ネタ、国籍ネタなどのギャグも満載。さらにブラックユーモアがきつすぎて、かなりきわどい笑いも多いです。この映画も「なんで食材が喋ったり、動いたりするんだ?」とかツッコミを入れてはいけません。何も考えずに見てみましょう。

意外と愛についても語っているし、行き着くところまでいくので隠れたデートムービーと言えるかもしれません。

バチュラパーティやったら、次の日花婿が消えた?
『ハング・オーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(初回限定生産) [DVD]

結婚式を二日後に迎えた新郎と親友二人と花嫁の弟の4人はバチュラパーティを企画し、ラスベガスのホテルの屋上へ上がり酒を飲み交わす。翌日、借りた高級スイートルームは荒れ果てていて、さらにトラや赤ちゃんもいるが、新郎の姿はない。そして3人とも前夜の記憶がないため、ポケットの中身のものをヒントに何が起こったか調べ始める……。

これも何も考えずに楽しめる映画です。結婚前に男が4人揃っておバカなことをやってしまうのです。さらにそこで悪ノリし始めると取り留めなく暴走してしまいます。特にお酒なんかが入ってる場合は。

過去にお酒で失敗したことがある人には余計によく分かる、酒飲みあるあるも入ってるかもしれません。現在Netflixでも配信されております。

刑事アクションかと思いきや……
『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパーポリス!』

アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事! (字幕版)

スーパーポリスコンビが活躍する傍ら、自分もいつかそっち側に立つと信じているその他大勢のテリー。ある日スーパーポリスコンビが殉職し、いよいよ自分たちがスーパーポリスになり悪党と戦おうとするが相棒はデスクワーク命で……。

アクション映画のようなテイストなのですが、実はかなりリアルで、アクション映画のようなことは実際できないよ……という風刺がとても面白い映画です。例えばアクション映画で悪党が高いところから道具を使って飛び降り、それを追うために飛び降りる主人公……しかし実際そんなことしたら大怪我をしてしまい、最悪命の危険も。この映画はそういうところがとてもリアルで、アクション映画のような真似は現実ではできませんよ!という映画になっています。事件の解決も悪党を射殺してハッピーエンドとかではなく、かなり現実的な解決方法です。

イヤな上司のモヤモヤには……
『モンスター上司』

モンスター上司 (字幕版)

パワハラ上司、セクハラ上司、モラハラ上司に悩まされている3人。話し合っているうちにそれぞれの上司に復讐するという結論に達し、詐欺師も協力することになったが……。

働いていればイヤでもストレスは溜まるものです。例えばイヤな上司に叱られたり、イビられたりした日には復讐したくなりますよね。これはそんな労働者のための映画。

復讐といっても陰惨なものではなく、主人公に詐欺師が全員ドジでおバカなので、復讐の計画もドタバタと失敗したり、計画通りに進まなかったり。たまにめちゃくちゃしょーもない復讐も交えたりしてなかなか笑えます。でも、最後はやっぱりスッキリするはず!

現実では復讐なんてできませんから、自分たちの代わりに彼らの復讐劇を見て、何も考えずにストレス発散しましょう。

まとめ

どの作品も深く考えずに、笑いたい時に見るのに最適な映画です。若干下ネタも多めで、バカバカしい話が多いですが、見終わったあと、あまりの突き抜けっぷりに清々しくなれると思います。見終わったあと、感動したりはあまりないし、何か心に残ったりもしない作品が多いですが笑ってスッキリできることはお約束します。

(文:波江智)


    ライタープロフィール

    波江智

    1978年生まれ。映画ライター。シネマトゥデイややcinema Ala Carteなどに寄稿。ジョージ・ルーカスとガイ・リッチーを敬愛。ベストムービーは『ロックストック&トゥースモーキングバレルズ」。

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com