橋本愛・松岡茉優サプライズで涙『リトル・フォレスト 冬・春』初日舞台挨拶

映画『リトル・フォレスト 冬・春』が2015年2月14日に公開初日を迎え、主演の橋本愛さんをはじめ、共演の三浦貴大さん・松岡茉優さん・温水洋一さん・桐島かれんさん、そして森淳一監督が登壇する舞台挨拶が新宿ピカデリーで行われました。

リトル・フォレスト

『リトル・フォレスト 冬・春』は昨年8月に公開された『リトル・フォレスト 夏・秋』の後篇で、橋本愛さん演じる主人公・いち子が、岩手県にある山村の厳しい自然の中で自給自足に近い生活をする姿を描く作品。

世界三大映画祭であるベルリン国際映画祭でも上映され、橋本愛さんと森淳一監督は同映画祭にも招待されました。(→イベントの模様

「おととし6月にクランクイン、去年6月にクランクアップ、1年かけて撮った映画がようやく全て公開されて感無量です」

という森淳一監督の言葉で舞台挨拶はスタート。

続いて、主演の橋本愛さんの挨拶の冒頭では熱烈なファンからのラブコールに戸惑いながらも、ベルリン国際映画祭での上映について

橋本愛 リトルフォレスト 舞台挨拶

「みなさんがすごく丁寧に感想を伝えていただいて、日本の特色がすごく色濃く映し出された作品だと思うんですけど、その美しさや厳しさを含めて、一人の女性が生きていく力強さっていうのが国境を越えてみなさんに伝わったんじゃないかなと思えたことが一番うれしかったです」

とコメント。

森淳一監督もベルリン国際映画祭での上映について

森淳一 監督 リトルフォレスト 映画

「岩手の郷土料理にも興味を持ってもらえ、桐島かれんさんと橋本愛さんの複雑な親子の関係が国は違えども理解できるという感想をらい、通じるものがあるんだということを知りほっとしました」

とコメントし、ともに国を超えて手応えを得られたことに喜びを感じている様子でした。

三浦貴大 映画 舞台挨拶 リトルフォレスト

ほかにも、三浦貴大さんは「どう見ても(いち子)の2コ下には見えなかったんじゃないかな」

温水洋一 映画 舞台挨拶 リトルフォレスト

温水洋一さんは「リトル・フォレスト、小さな森ならぬ僕は枯れた森なんですけど」と自虐的なコメントで会場の笑いを誘っていました。

霧島かれん 映画 リトルフォレスト 舞台挨拶

桐島カレンさんは「行きていく上で豊かな生活ってどういうことなんだろうと深く考えさせられました。(作品を)観終わった後はデトックスされた気分になりました」とコメント。

松岡茉優 舞台挨拶 リトルフォレスト 映画

いち子の幼馴染みで親友・きっこ役を演じた松岡茉優さんは

「橋本愛とは15~16歳で出会ってから、今回3回目の共演になるんですが、やっと笑いあって同じシーンを演じられる役をいただいて、橋本愛と松岡が本当に岩手で暮らしているようなナチュラルにお芝居ができました。1年をかけて撮った作品なので本当にいろんな思いが詰まっています」

とコメントし、プライベートでも交友のある橋本愛さんとの共演を喜でいました。

サプライズの農園バースデーケーキ登場

そんな中、2月16日に20歳を迎える松岡茉優さんに大きなサプライズが!

松岡茉優 橋本愛 リトルフォレスト バースデーケーキ

チョコレートで畑をイメージした『農園バースデーケーキ』が登場、そして橋本愛さんからの手紙のプレゼント。

松岡茉優 橋本愛 舞台挨拶 手紙

「まだ出会って4年くらいなのに、まるで昔から親しくしている友人のようです。もともととても立派だからやっと成人になるんだなあと不思議な気持ちです。撮影中、茉優が近くにいてくれたから頑張れたことが本当にたくさんありました。本当に本当に逃げようかと思っていたので、茉優がいてくれて本当に良かったです。いままでもこれからも本当に大事な人です。私も茉優の人生が輝くお手伝いをずっとしていくつもりです。一緒に素敵な大人・女性・役者になりましょう、少し早いけど誕生日おめでとう。大好きです」

という暖かいメッセージを受けて、抱擁する松岡茉優さんと橋本愛さん。

松岡茉優 橋本愛 舞台挨拶 抱擁

松岡茉優 橋本愛 舞台挨拶 抱擁

そんな二人の姿に会場からは盛大な拍手が巻き起こりました。

松岡茉優 橋本愛 舞台挨拶 涙

厳しい自然の中で得られる実りの食材で作られる様々な料理が印象的な、映画『リトル・フォレスト 冬・春』は、2015年2月14日より全国公開中です。

映画 リトル・フォレスト 舞台挨拶 橋本愛

映画『リトル・フォレスト』公式サイト

(文・写真/岡部照将)

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事