映画の裏話も楽しい!『日本のいちばん長い日』ティーチイン試写会&懇親会リポート

8月8日に公開となる映画『日本のいちばん長い日』のティーチイン試写会&懇親会が、7月25日(日)に東劇ビルで開催されました。

『日本のいちばん長い日』は太平洋戦争終結の裏側を描いた作品。役所広司さん、本木雅弘さん、山崎努さん、堤真一さんなど豪華俳優陣が、日本の未来を思い闘った実在の人々を熱く演じられています。

DSC06085_1200

試写終了後、登壇したお三方(左から榎望プロデューサー、原田眞人監督、新垣弘隆プロデューサー)。

「舞台挨拶に立ったことは何度もあるけど、Q&Aはなかなかない機会」とどんな質問が飛び出すのか、原田監督も楽しみな様子。試写を観た直後の興奮冷めやらぬ中、質問コーナーが始まりました。

キャスティングの裏話?

DSC06078_1200

「どうやって主要キャストを決めていったのですか?」

原田監督

「脚本を書いている最中に、阿南惟幾役の役所さんと鈴木貫太郎役の山崎さんはもうイメージしていました。それが『駆け込み女と駆け出し男』の衣装合わせの頃で、『駆け込み〜』にも出演してくださった山崎さんにはその頃にお話していたんです。脚本を読む前から役のリサーチをしてくれて、撮影の終盤にはずっと貫太郎さんの打ち合わせをしていました(笑)」

榎プロデューサー
「昭和天皇役は実は別の方に決まっていたのですが、ドラマの都合でその方にお願いできなくなってしまったんです。それで、本木さんにお願いしたいということになりました。最初は断るつもりだったそうですが、義母の樹木希林さんからやりなさいと言われて引き受けてくださったんです」

また、撮影で使用したロールスロイスは千葉のコレクターを口説き落として借りたもので、撮影場所までの移動や雨の日は撮影できないなど制約も多かったという苦労話も飛び出しました。

役所さんも気に入っているシーン

「劇中で流れた洋楽は?」

原田監督
「設定としては連合軍放送ですね。僕としては阿南さんのアンビバレンスな心情を描きたかった。映画好きな方は分かったと思いますが、映画『博士の異常な愛情』で使われていた「We’ll meet again」という曲で、僕なりのアンサーソングという意味もあります」

新垣プロデューサー
「僕は個人的に一番好きなシーンです。流れている「軍艦マーチ」を切ると「We’ll meet again」が流れてくる。兵士を鼓舞する「軍艦マーチ」と癒す「We’ll meet again」が切り替わることで、監督が意図したものを感じますし、黙っている阿南さんが一番感情を語っているようなすごいシーンだな、と」

原田監督

「役所さんも一番気に入っているシーンにあげていましたね」

挙手のほか、試写終了後に書いた質問シートも合わせて、たくさんの質問がありましたが、監督は撮影中のエピソードや史実を交えながら丁寧に回答してくださいました。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com