キャスト達の思う、平和を表す一文字は?『日本のいちばん長い日』大ヒット御礼舞台挨拶

8月13日、新宿ピカデリーにて『日本のいちばん長い日』の大ヒット御礼舞台挨拶が開催されました。
日本のいちばん長い日』は同名のノンフィクション小説を原作に、陸軍大臣・阿南惟幾をはじめとする、太平洋戦争の裏側で終戦の為に身を尽くした実在の人物を描いた作品です。

今作は25万人以上を動員、興行収入3億円を超えるヒット作となっており、15日(土)には上映劇場も全国で45スクリーン追加され、計256スクリーンでの拡大公開となります。

DSC06363_1200

大ヒットを記念し行われた今回の舞台挨拶では、役所広司さん、本木雅弘さん、松坂桃李さん、原田眞人監督が登壇しました。

陸軍大臣・阿南惟幾を演じた役所さんは「お客さんが入って映画が完成すると思っております」と大ヒットの喜びを語っていました。

一方、昭和天皇役の本木さんは「映画が公開されてから、映画関係者の方や同級生などから反響が届いてホッとしています」と胸の内を明かします。
以前の舞台挨拶での「2度、3度見るとより深く楽しめる」という本木さんの発言を受けて、MCが客席に2回以上見た人を尋ねると多くの手が挙がり、キャスト陣も「おぉ!」と声を上げていました。

畑中健二少佐を演じた松坂桃李さんは「2回目以降のお客様もいると聞いて、本当にうれしく思っております。ぜひ3回目もよろしくお願いします」とアピール。

DSC06376_1200

また、原田監督は、今作の上映館が約210館なのと、現在公開中の『ジュラシック・ワールド』の上映館が約800館ということを比較して「800頭の恐竜と竹槍をもって210人が戦っている感じなんですけど、これが結構いい勝負になっています。これからもよろしくお願いします!」と意気込みを見せていました。

公開後、周りの反響は?

公開から一週間経っての舞台挨拶ということで、話題は周囲の反響に。
役所さんは「水野晴雄さんに似ていると言われてちょっとショックでした」と笑いを誘うと、MCが「多くの女性から、阿南大臣の夫として、父としての顔が見れたので、作品にも入り込みやすかったという声がたくさん届いています」とコメント。「僕の友達からはそういう感想はなかったです」と役所さんは少し照れた表情を浮かべていました。
DSC06357_1200

それに対して、本木さんは「同級生も初日に行ってくれた方もいて、“一見何もなんでもないようだけれども人物をちゃんと讃えている役所さんの滋味深い演技に、思わず抱いてくれと思った”というメールもありました(笑)」と話していました。
また、「初日には息子さんもご覧になられたそうですが」というMCからの質問には「私が想像していた以上に息子は全体を理解していて、細かいことは抜きにしても、感情を追って見ていけたようです」と答え、「なぜもっと早く終戦にこぎ着けなかったのか、というジレンマを彼なりに感じていたようです」と話すと、「メールを僕のところに送ってください。全部お答えします(笑)」と原田監督。

松坂さんは、今回劇場に足を運んでいる同世代も多いということで「同じ世代として必要なことだと、とても感じています。僕はこの作品をきっかけに、70年前に起きたことを見つめ直して今を考えて、これから先の人たちに伝えていこうという意識がすごく高まったし、そういったことを僕らの世代がこれから担っていかなきゃいけないと非常に思いました。なので、同世代の人に劇場に足を運んでもらえるのは嬉しいし、もっともっと若い世代の人たちに観てほしいと思います」とメッセージを送りました。

大ヒット御礼の舞台挨拶とあって、公開直後の緊張感ある初日舞台挨拶とはまた違った、和やかな雰囲気のトークセッションとなっていました。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com